アニメ

【スクールデイズ】名言?最期のクリスマス?伊藤誠のクズさについて解説していきます

https://overflow.cf-anime.com/

現在、日常的にネットに触れている方で、伊藤誠という名前を知らない方はほとんといないと思います。

伊藤誠は、今から10年以上も前に放送されたアニメSchool Days(スクールデイズ)の主人公でありクズと名高い人物ですが、彼の作中における具体的な振る舞いや発言については、意外と知らないという方が多いのではないでしょうか?

ですので、今回は伊藤誠という人物について説明していこうと思います。

簡単なプロフィールと性格

伊藤誠は、2007年に放送されたアニメ「スクールデイズ」の主人公で、「榊野学園」の男子高校生です。

彼は母親と2人で暮らしている他、ある程度の家事をこなし、ババロアといったデザートも作ることもできます。

また、誠は色白の黒髪といった容姿から見て取れるように、冴えない雰囲気を持ちつつ一見控えめで無害な人物に見えますが、その性格は優柔不断かつ非常に無責任であり、何よりも「性欲が旺盛」であることが特徴として挙げられます。

というのも、誠の父親である沢越止はかなりの「女好き」かつ大勢の愛人と子供を作っており、誠にもそんな父親の遺伝子が受け継がれてしまったとのことで、人として持っていて当然である理性を蔑ろにしてまで性欲を発散させようと行動しています。

この、「自身が抱える欲望を発散するためならいかなる手段もいとわない」という姿勢を保つ誠は「人間のクズ」と呼ぶに相応しいキャラクターで、彼の性格や自己本位な言動を見てしまった際には、伊藤誠は不快な存在であるとほとんどの視聴者が認識し、彼に苛立ちを覚えたとのこと。

ちなみに、伊藤誠の伊藤という苗字は、日本の初代内閣総理大臣の「伊藤博文」からとっており、伊藤博文もまた女好きとして有名であることから、伊藤博文と伊藤誠との関連性が伺えます。

誠のクズさについて

アニメ本編において、伊藤誠は「好きな相手を携帯の待ち受け画面にして3週間隠し通したら想いが叶う」という榊野学園内でウワサされているおまじないを使い、このアニメのヒロインの1人である「桂言葉」と恋人になることを試みます。

そんなおまじないは、誠の同級生である女子生徒「西園寺世界」に1日目で見られてしまいますが、そのお詫びとして世界にアシストをしてもらいながら言葉に近づいていき、誠は言葉と交際を始めます。

このまま、誠が言葉だけを愛し続けるという純愛ものとしてストーリーが進めば、視聴者から何も言われることはなかったものの、伊藤誠という男はここで終わりません。

例えば、誠は言葉とデートをしている際にも、言葉を差し置いてゲームを始めたり成人向けの雑誌を読み始めたりと自分勝手な行動を繰り返し、さらには影で、「言葉と付き合うのは疲れた」「もう好きじゃない」といった名言を吐き出します。

さらに、言葉が性行為に応じてくれないことを不満に思ったのか、誠は恋愛相談に乗ってくれていた世界に欲情し、言葉そっちのけで世界と肉体を交える仲に発展しつつも、誠は世界以外のヒロインに手を出しては彼女たちとやりまくっており、誠の性欲の餌食になったヒロインは、不確かな人物を含めると7人以上にのぼると言われています。

このように、誠は「自分の性欲と本能に任せてコロコロと恋人や性行為の相手を変えていく」といったように相手の気持ちさえ考えられない身勝手な人間です。

ヒロインは誠に好意を持って接していた一方で、誠は好意どころか無限に湧き出ている自身の性欲のためにヒロインを利用していた、即ち「やれれば誰でもいい」と考えていたと言えます。

さらに、誠が多数のヒロインに見限られた際には、かつて「そんなに好きじゃない」と言い切ったはずの言葉に縋り付くという最高のダメっぷりを発揮しており、その姿は見るに堪えません。

また、世界が「自分は妊娠している」と誠に伝えた時には「俺のせいじゃない」とハッキリ発言しており、加えて「何で子供なんて作ったんだよ!?」「もういいから帰ってくれ!彼女ヅラして家に居座らないでくれよ!」などと、理不尽極まりない怒り(名言)を世界にぶつけています。

後に、妊娠は世界の思い込みであったことが判明していますが、世界に妊娠疑惑を持たせた原因は誠との性行為です。

世界が誠と肉体関係を結んだ原因は誠が世界に欲情したことである一方で、「妊娠」という誠にとって不都合な事実が発覚した途端、怒りを露わにして世界を突き放そうとする無責任な誠の姿に、当時の視聴者は怒りを隠しきれないばかりか「ヒロインは何故こんな男を好きになってしまったんだ?」「他に相手はいなかったのか?」などと困惑したと言います。

なお、妊娠疑惑を持っていた世界に対し、誠はこのようなメールを送っています。

「言葉が病院を紹介してくれる。早いほうが体の負担が少なくて済む」

それは、すぐに病院に行って中絶してこいという酷な内容でした。

誠の最期のクリスマス

クリスマスの夜のこと。

誠が世界と2人で部屋にいる時、突然誠の携帯にメールが届きます。

メールの送り主は世界でメールの先頭には「ごめん」と書かれており、長い改行の後、最下部に「さよなら」とだけ書かれていました。

届いたメールを不信に感じた誠ですが、後ろを振り返った瞬間世界に包丁で体を突き刺され、さらに倒れたところで包丁を何度も体に突き立てられて命を奪われました。

凄惨な〇に方ですが、恋人を差し置いての性行為や浮気、世界に対する凄惨な仕打ちといった誠がしてきたことを考えれば当然の報いと言えるでしょう。

さらに、誠の遺体は家を訪れた言葉によって刃物でバラバラに切断されバッグに詰められるといったように、死後もなお悲惨な目に遭っています。

また、誠を×めた世界は、言葉によって「妊娠の有無を確かめる」という名目で子宮ごと腹部を切り裂かれて絶命しており、息絶えた世界に向かって発した「中に誰もいませんよ」という言葉のセリフはあまりにも有名です。

なお、この誠の最期はスクールデイズの最終話で描かれていますが、放送前に現実で起こった1つの猟奇的な事件が原因で最終話は放送中止になり、アニメ本編の代わりに平たんな水面を進むボートの映像と音楽が延々と流れ続けました。

また、スクールデイズの最終話がテレビで放送されなかったことに対し、当時の視聴者は不満を口にしていましたが、この作品の試写会においてスクールデイズの最終話を視聴した人からは「テレビ局の判断は間違っていなかった」「こんな内容、地上波で流せるわけがない」といったコメントの他、放送を中止にしたテレビ局を称賛する声が上がったそうです。



ネット上の扱われ方

Youtubeやニコニコ動画、SNSの書き込みなどにおいて、伊藤誠が話題に上がったり彼の画像が使用された際は、ユーザーから「誠〇ね」と決まり文句のように口にされます。

さらに、実際に死んだ瞬間の映像や、誠の遺体が映ったスクリーンショットが表示されると「誠〇んだ!」「本当に〇んだ!」と歓喜のコメントで埋めつくされました。

現在においても、伊藤誠を取り上げている動画や書き込みに対し「誠〇ね」というコメントが流れており、その嫌われっぷりが伺えます。

また、「〇んで喜ばれた唯一の主人公」「誠を刺したせいで使い物にならなくなった包丁がもったいない」などのような、誠に対する無慈悲なコメントも見受けられ、誠を擁護する者はほとんどおらず、アニメ版スクールデイズにおいて彼の行いを見た人の大半は「誠はクズ」という判断をしています。

このように、伊藤誠は作中の傍若無人な振る舞いによってネットでも凄惨な扱いを受けており、スクールデイズの放送終了後に行われた、キャラクターの人気投票の部門の1つである「不人気部門」においては、伊藤誠は堂々の1位になっています。

また、「誠〇ね」というコメントは、スクールデイズの主人公である「伊藤誠」に向けたコメントであるため、全国にいる不特定多数の「伊藤誠さん」を罵倒しているわけではないとのことです。

最後に

以上が、伊藤誠という人物についての解説でした。

提供:キリン【考察系YouTuber】
https://youtu.be/zJpNv1QYpqo