ホラー

【怖い話】コトリバコの解説【都市伝説】

はいどうも、ありつむぎです。

今回は、オカルト界隈やインターネットで語られており、樹海村や裏世界ピクニックを含む様々な作品に登場するあの呪物・・・

コトリバコの解説をしていきます。出来るだけ簡単にまとめました。

記事の後半では、コトリバコの考察を行います。よければ最後までお付き合いください。

コトリバコとは?

コトリバコは、2005年ごろに匿名掲示板の2chで語られたことでその存在が明らかになった複数の呪物の総称です。

元ネタとなるストーリーを読んだ一部のネットユーザーが体調不良を訴えたため、現在コトリバコは、検索してはいけない言葉の1つとして認識されています。

詳しいことは不明ですが、1860年代後半ごろに製造が始まり、製造中止に至るまで全部で16個のコトリバコが作り上げられたと言われています。

それらのコトリバコは、全て木製のパーツをいくつも組み合わせて製造された四角い箱の見た目をしています。

ですが、その中には、動物のメスの大量の血と堕胎された赤ん坊、いわゆる水子の体の一部が入っているそうです。明言はされていません。

さて、そんな物体が詰め込まれたコトリバコですが、周囲にある怪異をもたらすと言われています。

怪異と言っても、箱の中から、ちぐはぐにつながった臓器と肉の塊が這い出てきたり、レーザーが放たれて人間もろとも人間の住居を焼き払うといった、目に見える分かりやすいものではありません。

コトリバコがもたらす効果は、対象となった複数の人間を未知の方法で呪い殺すというものです。ただ対象者のそばに置いておくだけでその効果をもたらします。

どうやら元ネタによると、コトリバコの呪いの対象となった人間は、体に詰まっている内臓をねじ切られ、血反吐を吐いて死んでしまうそうです。

ですが、呪いの対象となる人間は、幼い子どもと子どもを産むことが出来る女性のみとなっており、コトリバコを送りつけられたある家では、1人の女性と15人の子どもが次々に死亡したとのこと。

なお、最初にコトリバコは全部で16個あると言いましたが、それぞれ入っている水子の数が異なります。最小で1体、最大で8体分の水子が詰め込まれているそうです。

そして、この水子の数が多いほど、コトリバコがもたらす呪いの影響が強大になります。強さに応じて呪いの影響が長くなり、対象者が増加するそうです。

そんなコトリバコは、中に入っている水子の数によって名称が変化します。水子の数が1体の場合は「イッポウ」、2体の場合は「ニホウ」と呼ばれます。

それにならい、3体で「サンポウ」4体で「シホウ」5体で「ゴホウ」6体で「ロッポウ」7体で「チッポウ」もしくは「シッポウ」、そして8体で「ハッカイ」と呼ばれるようになります。

製造された経緯と影響

ではここからは、コトリバコが製造された経緯を解説していきます。

舞台となるのは、1860年代後半の、現在の島根県のあるエリアです。

そのエリアには複数の人間が住んでいたのですが、どういう訳か彼らは周辺の地域に住む人間たちから酷い差別を受けていたそうです。

そんな差別に苦しみ喘いでいる時、そのエリアに謎の男がふらっと訪れました。

当時のエリアの人間は、この男を助けることで差別がよりひどくなると考えました。

そのため、彼らは男を殺そうとしたのですが、男は「命を助けてくれたら、武器をやる」と言ったそうです。

その武器というのが、前述したコトリバコだったということです。

そしてエリアの人間は、「一族を根絶やしにする」という目的の元、コトリバコを作り、差別をしていた地域に住むある家に送り付け、その家に住む1人の女性と15人の子どもを呪い殺しました。

それから、周囲の地域に対し、自分たちがコトリバコで呪殺したことを告げた後「自分たちのことを放っておいてくれたらこっちから手出しはしないが、仕返しをしたら再度呪いをばらまいてやる」といったことを言ったそうです。

その後、仕返しされた時に備えてコトリバコの製造を続け、合計16個が完成した時、どうやらコトリバコのことを一切知らないエリアの子どもが、コトリバコを持ち去ってしまったとのこと。

しかも、そのコトリバコを家に持ち帰り、部屋に飾ってしまったのだそうです。

その結果どうなったのか?

持ち去った子どもを含む家の子ども、そして妊娠可能な全ての女性が僅か1日で死に絶えてしまったそうです。

どうしても死にたくなかったエリアの人間は、コトリバコの製造を中止し、製造してしまった全てのコトリバコを持って近くの神社に駆け込み、お祓いをした上で処分を試みたそうです。

周囲の地域に住む人間から受けている差別問題はどうでもよくなったのでしょうね。

ただ、あまりにも呪いの力が強すぎるため、一度に祓うことは不可能だと当時の神主は判断したそうです。

仕方がないので、神主は、コトリバコの呪いの効果が薄まるまで、エリアの人間たちに箱を長年にわたって慎重に保管することを提案しました。エリアの人間は従ったそうです。

その甲斐もあってか、大半のコトリバコの呪いは無事に薄まり、処分することが出来たそうです。

しかし、一部のコトリバコの呪いはなかなか抜け落ちず、初めてコトリバコの存在が語られた2005年まで、先祖代々に渡って壊すことなく管理されていたらしいです。

対処法

呪いの影響を受けたとしても、特殊な呪文とその呪文を唱える人物の血液を用意出来れば対処出来ます。

元ネタには、Mと呼称される成人済みの人物が、呪いを受けた人物を助けるために、自身の手や指を刃物で切り裂き、血液を飲ませながら呪文を唱える様子が書き収められています。

それから、対象者に飲ませるために切り裂いた手をコトリバコの上に乗せ、これまた別の呪文を唱えることで、コトリバコの呪いの効力を一時的に抑えることが出来るのだそうです。

考察と所感

ではここからは、コトリバコの考察を所感を交えつつ書いていきます。

コトリバコの呪いの対象が子どもや妊娠可能な女性だけである理由は、恐らく、当時のエリアの人間が掲げていた「一族を根絶やしにする」という目的を達成するためだと思います。

さしずめ、当時のエリアの人間は・・・

  • 子どもは未来のある存在。
  • 妊娠可能な女性は子孫を産み落として一族を繋ぐ能力を持つ特別な存在。

と考えていたのでしょう。だから、彼らを潰すことでその一族は終了すると考えていたのでしょう。

一族を根絶やしにするには、子どもを増やす手段を断ち、未来ある子どもを葬る必要がある。コトリバコを製造した人間はそう考え、その考えによって呪いの対象が子どもと女性に定まったのだと思います。

なお、女性であっても子供が産めない高齢女性は、コトリバコの呪いの対象外となっています。

それにならい、元ネタには書いてないものの、年齢を問わず子どもが埋めない事情を抱えている女性もコトリバコの呪いの対象外だと思います。

それにしても、「地域の人間を皆殺しにする」ではなく、なぜ「一族を根絶やしにする」と考えたのでしょうね。本当に地域の人間が憎いならば、老若男女問わず順番に呪殺すればいいだけの話だと思うのですが。

ただ、この時代の人たちは、自分たちの一族が失われたり絶たれたりすることを最上の恐怖として認識していたのかもしれません。

それで、その恐怖を地域の人間に与えることで、自分たちが受けてきた差別の苦しみや心の傷を癒そうとしたと考えることは出来ます。

僕はこの時代の人と喋ったこともないですし、この時代を生きたこともないので真相は分かりませんが、気になるところではあります。

そもそも、真相も何もコトリバコは作り話の可能性が高いのですがね・・・

なお、初めにコトリバコの製造方法を伝えた男がコトリバコの製造方法を知った経緯は一切不明です。

しかし、コトリバコの呪いで、エリアの人間のみならず周辺の地域の人間もまとめて葬るつもりだったことが想像出来ます。

コトリバコの呪いは、製造者にとって憎くもなんともない人間、はたまた味方となる人間にも効果を発揮します。

前述の通り、エリアの子どもがコトリバコを持ち帰ったせいで、その子どもが暮らす家の人間が呪いで死亡しました。対象であればどんな人間であっても殺すのがコトリバコです。

男はこうした特徴を知った上で黙っており、呪いで人間が全滅することを期待していたのかもしれません。

最後に

コトリバコの元ネタとなる、2chで語られたストーリーのリンクを掲載します。ストーリーは非常に長いので時間のある時にお読みください。

なお、初めに言いましたが、このストーリーの読者のには原因不明の体調不良を訴えた人も含まれています。

なので、その点を踏まえて上で、読む際は自己責任でお願いします。

https://hobby7.5ch.net/test/read.cgi/occult/1116836271/912-

ABOUT ME
ありつむぎ
ありつむぎです。ライター兼ブロガーです。様々なサブカルチャーや雑学などを解説していきます。 お仕事の依頼はTwitterアカウント(@kmz811)へのDMもしくはお問い合わせフォームからお願いします。