インターネット

アライさん界隈とは?基本的な情報や闇の側面について解説していきます

どうも、ありつむぎです。

今回は、Twitterで有名な界隈、アライさん界隈について解説していきます。

アライさん界隈とは

アニメやゲームなどで有名なコンテンツな、けものフレンズのアライグマのキャラクター、アライさんの口調を真似した多数のユーザーが集うTwitter上のコミュニティの名称です。

ア界隈と呼ばれることもあります。オリジナルのアライさんは元気で明るく裏表のない性格をしていますが、この界隈のユーザーの多くはそれとは対照的な闇があることが特徴です。

なお、オリジナルのアライさんは女性ですが、この界隈のユーザーの性別は不問です。

年齢や自身の境遇なども問いません。投稿者が見た感じだと、現在のアライさん界隈のユーザーの年齢は子どもから大人まで千差万別です。

また、オリジナルのアライさんは「○○なのだ」「○○のだ」といった喋り方をするため、このコミュニティに属するユーザーは出来る限り同様の語尾を使用した方が良いそうです。

それと、アライさん界隈のユーザーの中には「○○でアライ」「○○だクマ」というユニークな語尾を使うユーザーもいるのだそうです。投稿者は見たことがありませんが。

また、この界隈に属しているユーザーのプロフィール画像には、大抵はアライさんの画像が使用されています。

アニメやゲームのアライさんのスクショの他、自身が描いたアライさんのイラストをプロフィール画像に設定しているユーザーもいます。

はたまた、アライさんアイコンメーカーと呼ばれる無料のサイトで作った画像や、このコミュニティで出会ったユーザーに善意で描いてもらったイラストを使用することもあります。

ただし、アライさんに関連するイラスト以外のものを使用しても問題ないそうです。

任意のタイミングでこの界隈のユーザーになったりユーザーを辞めたり出来るという特徴もあります。

なお、これは投稿者の主観ですが、この界隈のユーザーの多くは、1人で何かの作業に没頭するよりも、誰かとコミュニケーションを取ることを重視しているように感じました。

これは、自身の寂寥感の解消を強く望んでいるユーザーが多いからなのだと思います。

アライさん界隈のユーザーの名称

アライさん界隈に所属するユーザーは、自身のユーザーネームを「○○のアライさん」「○○をしているアライさん」などの形式をベースに考案することが推奨されています。

○○の部分には、一言で理解可能な自身の特徴を記載することが好ましいそうですが、こうするとやたらと名前が長くなってしまいます。

なので、ユーザー同士のやり取りをスムーズにするために、同時にユーザーネームの略称も考案する必要があります。以下がその例です。

  • ブランケット症候群のアライさん→ブライさん
  • ピーナッツバター恐怖症のアライさん→ピツイさん
  • みんなに監視されているアライさん→みライさん

なお、アライさん以外にも、フェネック、かばん、サーバルなどの、けものフレンズに登場するキャラクターの口調を模して自身の日常をツイートするユーザーも存在しています。

これらのユーザーもアライさん界隈の一員となっています。

専門用語

この界隈では、界隈内で適応されるいくつかの専門用語が使用されています。

ここでは「フェネック」「わっせ」「よしぎゅー」といった専門用語を紹介します。

調べたところ、フェネックはその口調を真似しているユーザー、けものフレンズのオリジナルキャラクターの名称の他、恋人もしくは結婚相手といったように複数の意味があるそうです。

そして、アライさんの口調を模しているユーザーが「自分にはフェネックがいるのだ」と発言した場合、そのユーザーは「自身には恋人もしくは結婚相手がいる」ということを伝えたいと読み取ることが出来ます。

オリジナルのフェネックの性別は女性であるものの、この場合におけるフェネックに当てはまる人物の性別は不問となっています。

わっせは応援しているという意味があるそうです。頑張れ、応援していると言った言葉の代わりに使用すると言います。

よしぎゅーは、よしよしと頭を撫でてぎゅーと抱擁する一連の行動を意味している言葉だそうです。この界隈では、こうした行動を疑似的に表現するためにこの言葉を使用し、不幸に見舞われたユーザーを慰めることが多々あるとのことです。

活動内容

投稿者が調べたところ、この界隈のユーザーの活動内容は、自身の生活、身近に起きた些細なこと、自身の思想の発信といった、一般的なTwitterのユーザーと大して変わらないものであることが分かりました。

料理や近辺にある物を写真に収めてアップロードすることを楽しむユーザーや、スペースやツイキャスといったTwitterの機能を利用し、声を使ったコミュニケーションに興じるユーザーも散見されます。

自撮りを投稿しているユーザーも多数見られました。

自撮りについてはこの界隈のユーザーの間で賛否があるようですが、禁止されている訳ではないので自己責任で自由にやって問題ないそうです。

また、この界隈の親しいユーザー同士が直接顔を合わせて一緒に遊んだり食事をすることもあると言います。いわゆるオフ会というやつでしょう。

アライさん界隈の存在意義

だったらこの界隈は存在する意味がないのではないか?と思うかもしれません。

ですが、アライさん界隈のユーザーたちのツイートを見る限り、深い心の闇、癒えない心の傷、希死念慮、陰惨な家庭事情、精神的な病など、不条理かつ困難な環境で生活をしていることが伺えます。

そのため、彼らのツイートの内容の多くは一般的なTwitterのユーザーにはなかなか理解されず、敬遠されがちなもので占められています。

ですが、アライさん界隈はそれがデフォルトで、その暗さを素直に認めて励まし合う優しい雰囲気が漂っているように感じました。

つまり、アライさん界隈は、複雑な事情を抱えているユーザーが自身の心の闇を素直に打ち明けて、心置きなく他者と繋がるための手段として機能している。投稿者はそう考えています。

なお、この界隈では、公の場では口にするべきではない性的なことや異常性癖を語ることも認められています。

また、この界隈には明確なルールは存在しないそうですが、ユーザーたちには、常に一線を越えた言動を抑え続ける意識が求められているとのことです。

闇の側面

続きまして、この界隈の闇の側面について書いてきます。

どうやら、アライさん界隈に入ったユーザーの中には、この界隈を利用して性行為の相手を探す人や、誰かのツイートをただ非難しまくる悪意のある人が存在しているそうです。

また、以前はこの界隈のユーザー同士が直接顔を合わせて性行為を行う、いわゆるオフパコに関する騒動が問題視されていたとのこと。

こうした要素はアライさん界隈の闇の1つとされており、度々批判の対象となっています。

ただし、こうした行動を起こすユーザーはごく一部で、過半数のアライさん界隈のユーザーは関与さえしていないそうです。

ネットの反応とヲチスレの存在

次に、ネット上の反応についてです。

一般的なネットユーザーの中には、同じようなアイコンをプロフィール画像に設定して同じような口調で喋り続けているアライさん界隈のユーザーたちに嫌悪感を抱いている人が見られます。

そんな考えを反映するように、現在(2021年10月1日)Googleで「アライさん界隈」と入力すると、その後に「気持ち悪い」「嫌い」といった言葉が堂々と表示されます。

いわゆるサジェスト汚染ですが、こうした言葉は多くのネットユーザーたちのアライさん界隈に対する本音なのでしょう。投稿者としてはあまりいい気分はしません。

なお、現在アライさん界隈とそこに所属している一部のユーザーは、匿名掲示板のヲチスレに入り浸っているネットユーザー、いわゆるヲチスレ民に監視されているとのこと。

中には、アライさん界隈にわざわざ潜入し、そこで得た情報を掲示板に書き込んでいるヲチスレ民もいるそうです。

最後に

負の側面を持っており、批判されやすいアライさん界隈。

しかし、各々が抱える辛さや絶望感、一般的には敬遠されがちな価値観が許容されている貴重なコミュニティでもあります。

今の世の中、この界隈を必要としている人がいることは確かです。極力触れずにそっとしておいた方がいいのではないかと思います。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
ありつむぎ
ありつむぎです。ライター兼ブロガーです。 当たり障りのない面白いサブカルチャーや、見る人を選ぶエロい作品などの様々なコンテンツを幅広く紹介していきます。一部未成年者に適さない記事があるのでご注意ください。 お仕事の依頼および広告掲載のご相談等は、Twitterアカウント(@kmz811)へのDMもしくはブログ内のお問い合わせフォームからお願いします。