アニメ

背筋が凍る怖い社会風刺アニメ4選!

現在、公開されたアニメの数は非常に多く、全てにおいてオリジナリティが込められた一級品となっています。

笑える内容、感動出来る内容などジャンルは様々ですが、そんなアニメの中には、現代社会を風刺した内容が存在していることをご存じでしょうか?

そこで今回は、社会風刺アニメについて4作品書いていきます。

CHILDREN

出典:岡田卓也

CHILDRENは、2010年に「トライデントコンピュータ専門学校」の元生徒である、岡田卓也さんを含む合計4人によって制作された、近代社会を舞台とした全編4分程度のアニメです。

この物語は、額に「4483」という数字が書かれた一体のキャラクターが、列車に轢かれる黒い犬の姿を目撃する場面から始まります。

そして場面は学校の教室に移り変わります。

その教室では額の番号を除いて4483と同じ姿をした大勢のキャラクターと4483が、一切の言葉を発することなく

  • 黒板の文字をノートに書き写すことに没頭する
  • 絵画の授業において同じ絵を描く
  • テストで同じ点数を得る

といった一連の様子が映し出されます。

それらの映像からは、4483たちの「個性」を一切感じることが出来ません。

また、4483たちが学校のグラウンドでサッカーをする場面では、4483たちは転がるサッカーボールに対してほとんど興味を示すことなく立ち尽くしている一方で、4483たちの教師はその様子を見て嬉しそうに拍手をしています。

その教師は、あたかも4483たちの「無個性を肯定している」かのような印象を受けさせます。

そんなある時、4483が教師からテストの答案を受け取った際に、4483は「自分はこれまで教師の言いなりになっていた」ことを悟り、4483はこれまで抑圧されてきたストレスを爆発させます。

さらに、椅子に座っていたキャラクターたちも4483にならって一斉にストレスを爆発させると、4483たちは学校から飛び出して暴動におよびました。

そんな4483たちの暴動の途中、4483は自身に駆け寄る黒い犬を目撃し、4483も黒い犬に駆け寄りますが、4483はその途中で走行中の汽車に轢かれてしまいます。

そして、満身創痍になった4483は仰向けになり、濁った空に向けて笑い声を上げるといった映像でCHILDRENの物語は幕を閉じます。

このように、CHILDRENでは陰鬱な空気が最後まで漂っています。

その理由はCHILDRENのテーマが

みんなが同じであろうとすることが個性を失う原因ではないのか

である点や、岡田さんたちが「学校教育の闇」を幼いころに経験していて、その経験がCHILDRENに反映されているからであると考えられます。

https://www.youtube.com/watch?v=BE4oz2u6OHY

MAN

出典:スティーブ・カッツ

MANは、2012年にスティーブ・カッツさんというロンドンのクリエイターによって制作された、50万年前の地球を舞台とした全編3分30秒程度のアニメです。

https://www.youtube.com/watch?v=WfGMYdalClU

MANの物語は、1人の若い男性が地球に降り立つ場面から始まり、その男性は意気揚々と左方向に進んでいくと、男性はその途中で昆虫やヘビ、ニワトリといった生き物と遭遇します。

そして男性は、それらの生き物に対して

  • 両足で踏みつぶす
  • 靴下として利用する
  • 毒液を強引に注入し、玩具として扱った後にフライドチキンにして食す

といった目に余る行為を次々とこなしていきます。

それ以降も男性は、眉一つ動かすことなく様々な生き物に対して残虐な行為を取り続け、男性は後に大型の船に乗り、その船から大量の産業廃棄物を投棄し海を黒く染めると、ステップを踏みながら森林を瞬く間に紙幣に変換するといった環境破壊を行っていきます。

そして、男性の残虐行為や環境破壊の結果として、地球上には数多くのビルが立ち並び、多種多様な自動車が道路を走行するといった近代的な都市が形成されます。

男性はそのような都市を横目に、ゴミや生き物の死骸の山といった

  • 「都市の形成における代償」

の上を笑いながら登っていき、男性はその頂上にて自身の玉座にゆったりと腰を下ろすと、そこで静かにタバコを吸いました。

このように、MANは人間が持つ底知れない野心と多くの人間に共通する

  • 「利便性の裏側に存在している多くの犠牲を顧みることがない」

といった、意識に対する風刺が込められています。

また、MANをyoutubeで視聴した視聴者からは

  • 「世界一笑えないアニメ」
  • 「考えさせられる」

とコメントが寄せられている他、youtubeにおけるMANの総再生回数は3000万回を超えていることから、MANは大勢の視聴者の心を動かしたアニメと言えます。

El empleo

出典:サンディアゴ・ボウ・クラッソ

El empleo(働くこと)は、2008年にサンティアゴ・ボウ・クラッソさんというアルゼンチンのアニメーターによって制作された、近代社会を舞台とした全編5分程度のアニメです。

この物語は、1人の男性が牢獄を思わせる部屋にて憂鬱そうに起床する場面から開始され、男性の部屋にあるランプや鏡、机といった家具が男性以外の生きている人間によって成り立っているという、不気味な世界観が展開されていきます。

そして、男性は身支度を終えて会社に向かうために外に赴きますが、男性の自宅の外では信号機やタクシーといった道具が人間に置き換わった状態で稼働しています。

さらに、El empleoの全ての登場人物がそれらの要素に疑問を持たないといった点も、El empleoの世界観が醸し出す不穏な空気をより引き立てています。

その後、男性は会社のエレベーターを使用して一室の扉の前まで歩いていくと、男性はその扉の前でうつぶせになります。

そして、男性は「足ふきマット」として自身の仕事を全うするということから、El empleoでは、男性も部屋のテーブルや外の信号機と同様に

 

  • 「誰かに利用される道具の1つに過ぎなかった」

 

といった、視聴者にとって目も当てられない結末を迎えることになりました。

またEl empleoは

  • 「仕事は誰かのお陰で成り立っている」

という社会の仕組みをわかりやすい形式で発信している一方で、現代社会で生きる大勢の人間は思考を停止した状態で

  • 「誰かの道具として利用されている」

といった非情な現実を風刺していることから、El empleoは視聴者たちに労働の真意について考え直す機会を与えていると言えるでしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=cxUuU1jwMgM

就活狂想曲

出典:吉田まほ

就活狂想曲は、2013年に吉田まほさんという日本のアートディレクターによって制作された、現代社会を舞台とした全編7分程度のアニメです。

この就活狂想曲では、主人公である女子大学生が、就職活動のためにスーツを着用する場面から物語が展開されていきます。

そして、女子大学生を含む大勢の就活生が企業説明会の会場になだれ込みますが、女子大生を除く就活生たちはその会場で行われていた発表に対して一糸乱れぬ拍手をし、就活生たちがとあるブラック企業の説明に対して「いびつな作り笑い」を浮かべた状態で一斉に頭を傾ける姿は、宗教における狂信者を彷彿とさせます

さらに就活狂想曲のその後の展開においては、就活生が理性の伴わない形相でメモを取り続け、就活生たちが面接官に媚を売り続けるといったように就職に病的なまでに執着する様子が映し出されます。

そんな就活生たちの就職に対する執着により生じる「吐き気を促す狂気」が画面全体を支配していきます。

なお女子大学生は、始めはそれらの就活生とは異なり理性を持って就職活動に当たっていましたが、周囲の就活生が内定を獲得し狂喜乱舞する姿を見て次第に焦りを覚え始めます。

そして女子大学生は、就活狂想曲の終盤において「就職したい」という欲望を露わにすると共に、「プライド」を自ら放棄した上で就職活動を行っていきます。

女子大学生は最終面接まで辿り着いたものの、結果として最終面接において不採用となりその結果を見てうなだれました。

このように、就活狂想曲は日本の就職活動の異常性を風刺したアニメになっています。

また、就活狂想曲の視聴者は就活狂想曲で描かれる就活生たちが放つ

  • 「常人離れした狂気」

に強い恐怖を覚えると共に、視聴者たちは、将来的に自身が経験することになるであろう就職活動に対して大きな不安を露わにしました。

https://www.youtube.com/watch?v=M6rb6kknj3A

最後に

以上が、社会風刺アニメ4選でした。

提供:キリン【考察系youtuber】

ABOUT ME
ありつむぎ
ありつむぎです。20代前半の者です。 ゲームを主軸として、あらゆるサブカルチャーについて書いていきます。