2ch

【2ch 怖いSS】ネットに投稿された怖い二次創作3選【検索してはいけない言葉】

※ごちうさ、スマブラ、ちびまる子ちゃんのファンは閲覧非推奨です。

 

どうも、ありつむぎです。

今回は、2chやネット上に投稿された怖い二次創作を3点取り上げていきます。3つとも小説の形式を取っています。

SSとも呼ばれているため、以下よりこの言葉を使わせていただきます。

ごちうさ、スマブラ、ちびまる子ちゃんのSSです。それぞれの項目には、そのSSが読める文字リンクを掲載しておきます。

この記事の3つ目のSSは検索してはいけない言葉に登録されています。

チノ「えっ…私の子宮…悪いんですか…?」

2017年、2chに漫画原作の人気アニメ「ご注文はうさぎですか?」こと、ごちうさの狂気に染まったSSが公開されました。

タイトルはチノ「えっ…私の子宮…悪いんですか…?」です。

その序盤の舞台は産婦人科。

ごちうさのメインキャラクターの少女「香風智乃(かふうちの)」こと「チノ」が、日頃から親しくしている少女「保登心愛(ほとここあ)」こと「ココア」に連れられてこの病院に行き、診断を受けています。

そして、その時チノは自身を診断したやぶ医者に対して、タイトル通り「えっ…私の子宮…悪いんですか…?」と質問し、「チノの子宮はぐちゃぐちゃで全体的に腐っている」と宣告されています。後に受けた手術によって子宮を全摘出されてしまいました。

その後、チノは自身の同性の友人たちが繰り広げる、将来産むであろう子供の話を聞きながら、自分は子供が産めないというコンプレックスを抱く姿を見せました。

さらに、喫茶店「ラビットハウス」で働きながら、子宮を失った影響で体調不良に苦しむ姿をあらわにしています。

なお、この時ココアは、チノを元気付けるという名目で「チノは性別を超越した存在になった」などと失礼極まりないことをベラベラと喋り、何を思ったのか、産婦人科を舞台にした漫画原作のドラマ「コウノドリ」を一緒に見ようと容赦なく迫っています。

その後、ココアはドラマを見るためにテレビの電源を入れたのですが、この時テレビでは、偶然にも1件のニュースが報道されていました。

そこには、チノの子宮を全摘出したあのやぶ医者の姿がありました。

そして次のように語られています。

このやぶ医者は複数の女性患者を騙して健康な子宮を全摘出し、コレクションにしていた。

そのニュースでは、ホルマリン漬けになった複数の子宮が画面に映し出されていたようです。

このニュースを見たチノは「自分は騙されて健康な子宮を摘出されたのではないか」と恐怖します。

そんな中、記者会見で姿を見せたやぶ医者はこう言い放ちました。

  • 「摘出した子宮を舐めたりもした」
  • 「香風智乃ちゃんの子宮がいちばんおいしかった 最高傑作じゃよ」

やぶ医者のこの上なく気持ち悪い告白を聞いた瞬間、チノは絶叫をあげながらその場に崩れ落ちました。

即ち、チノは健康だった子宮をやぶ医者に騙されて全摘出され、コレクションのために奪われた挙句、舌で直接舐められたということです。

そして、このSSは「最高傑作だって!すごいね!チノちゃん!」という、チノのことを嫌っているとしか解釈できないココアの畜生発言を聞きながら、チノがショックのあまりその場で激しく嘔吐する場面で終了してしまいます。

※原作の漫画やアニメ版ごちうさにこのようなストーリーは一切存在しない上に、本来のココアはこうした言動を見せる性格の持ち主ではありません。

さらに、漫画やアニメのココアはチノを実の妹のように可愛がっています。

原作の漫画やアニメなどのごちうさは、優しくて緩い世界とキャラクターで構成されている一方、このSSの世界観は殺伐としておりキャラクターの酷なセリフ回しが見られるため、これを読んでしまったスレ民たちは強い嫌悪感をあらわにしました。

このSSは下の文字リンクから読むことが可能であるものの閲覧注意です。

チノ「えっ…私の子宮…悪いんですか…?」

ちなみに、チノに関するSSは他にも存在しています。

その中でも「うるさいですね……」の知名度は極めて高く、常軌を逸した性的な展開が見られることから怪文書とも呼ばれています。

このSSは過去の記事で取り上げました。以下の記事の9つ目の項目で紹介しています。

※当然ながら、うるさいですね……も公式が公開したストーリーではありません。それを念頭に置いておいた上でご覧ください。

なお、子宮を全摘出されて絶望的な結末を迎えたこのSS。作者は明言していませんが、これを執筆する上で実在の事件を参考にしたと考えられています。

その事件は、1980年に埼玉県で発覚した富士見産婦人科病院事件の可能性があるとのこと。

この事件は、富士見産婦人科病院の医者が一般の女性患者に対して子宮がんを患っていると誤診し、その女性の子宮と卵巣を摘出したというものです。

下のリンクは、その事件の詳細が書かれているWikipediaのページとなっています。

富士見産婦人科病院事件

スマブラ小説ウォーズ

スマブラ小説ウォーズは、2012年に「イオタ」という名で活動していた当時19歳の無職の男性によってネット上で公開されたSSです。

あの大乱闘スマッシュブラザーズを題材にしています。

このSSの内容は、タイトル通りスマブラに参戦しているマリオ、カービィ、ピカチュウ、アイスクライマーなどが、スマブラのボスキャラクター「マスターハンド」が運営する合宿所に行って切磋琢磨するというもの。

このSSは100話以上におよぶのですが

  • 「構成する文章の過半数がキャラクターのセリフで占められている」
  • 「状況説明や考えていることをキャラクターに堂々と喋らせている」
  • 「謎のパロディネタを突然使う」
  • 「原作のキャラクターの設定が崩壊している」

などの違和感を覚えざるを得ない部分が多く挙げられます。

後述しますが、その書き方も極めて特殊であるため、読み進めることは困難を極めるでしょう。

さらに、作者の都合により、スマブラには一切登場しない漫画やアニメのキャラクターなども次々と登場させるといった、読者を困惑させる要素も多々見られます。

なお、第1話には合宿所の食堂に集まったキャラクターたちが食事をするシーンがあります。以下にそのワンシーンを抜粋します。

「カービィ「では、いただきまーす!」カービィはすごい勢いでご飯を全部食べてしまった!!」「ナナ「逃がしはしないわよ!ポポ、つかみよ!」カービィ「わ――――――!!…って、つかまれた!!」ナナ「つらら割り!!(上スマッシュ)」カービィ「イヤ――――――――――!!!」」カービィは大ケガを負った。」

引用:http://togekisspit.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

原文ママです。誰も真似できないような書き方を採用していることが分かるかと思います。

また、第2話の「合宿所初の大乱闘!勝つのは誰だ!?」では、キャラクターたちが大乱闘を繰り広げて勝敗を争う様子が繰り広げられています。

ですが、抜粋した食堂のシーンと同じく、そのほとんどをキャラクターのセリフや技名で表現しており、その内容に目を向けることすらためらわせる痛々しさが露わになっています。

以下の文字リンクから閲覧可能です。

スマブラ小説ウォーズ

なお、この小説が完結した後、作者はネット上に「くぅ〜疲れましたw」という一文と共にこうした小説を書くことになった経緯を語った後、唐突に、人気アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」に登場するキャラクターの自身が考案したセリフを挿入し、最後は、それらのキャラクターに「ってなんで俺くんが!?」という謎の突っ込みを入れさせ、挨拶を締めています。

過去に上記のように書きましたが、打ち消し線を入れた部分は2012年11月11日に2chで公開された、魔法少女まどか☆マギカの二次創作まどか「壁山が一位・・・?」の作者の後書きでした。申し訳ありませんでした。

まるこ コップ お水

まるこ コップ お水は2chで公開されたちびまる子ちゃんのSSの俗称です。

正式名称はまる子の母「夏休みだし、まる子には水だけ与えて生活させましょう」となっています。

検索してはいけない言葉に登録されているSSです。

このSSの舞台は夏休み中のちびまる子ちゃんの世界なのですが、まる子は冒頭から「家族が狂った」という恐ろしい独白をしました。

それから、自身の家族は普段通り接してくれている一方で、コップ一杯の水以外何も口にすることが許していない異常事態が続いていることを明かしています。

実際に、まる子が空腹に耐えかねて机の上のせんべいに手を伸ばそうとした時、母親に髪を掴まれてビンタされてしまいました。

たまちゃんの自宅で食事をして帰宅した後は、玄関で待っていた姉に体を拘束され、母親に喉に指を入れられたため食べ物を全て吐き戻してしまいます。

それから、まる子は水以外何も口にできない状況で生き続けました。

それによって「あばら骨が皮膚の上から浮き出て腹部はパンパンに膨れ上がる」という異様な体に変形して、栄養不足によって内臓が腐敗していき、まる子はそんな自分自身にただならぬ恐怖心を覚え始めます。

その後、まる子は家族と共に「先生」と呼ばれている男と対面します。

しかし、この男は学校の教師ではなく、まる子の家族がのめり込んでいた宗教のトップでした。さらに、この時の男と家族の会話によって、以下のことが明らかになります。

家族は「まる子には悪魔が憑いている」「悪魔を祓うために水以外何も与えてはいけない」といった男の妄言を信じ込んでいた。

それから、男が「悪魔が弱っているのでみなさんで祓いましょう」と言うと、家族は無表情でまる子を見つめて「マルコマルコマルダイスキナマルココマルコマルコマルコマルコマルコマルコマルコ」と唱え始めたのです。

この物語の終盤では、まる子は家族に対する憎しみを口にしながら衰弱死する様子が描かれました。

さらに、テレビに出演したまる子の母親が「私は先生を信じている」「あの子から悪魔がいなくなったから本当に良い子になれた」「またまる子が元気に動くのを待っている」などと平然と口にする様子も見られます。

このように、このSSはちびまる子ちゃんのファンにとって非情に辛い内容となっているため、現在「まるこ コップ お水」というワードは検索してはいけない言葉の1つに登録されています。

以下の文字リンクから読むことができますが、当然ながら、公式のちびまる子ちゃんにこのようなストーリーは存在しません。あくまでスレ主が書いたSSであることをご留意ください。

まる子の母「夏休みだし、まる子には水だけ与えて生活させましょう」

最後に

以上で解説を終了します。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

提供:キリン【考察系youtuber】

https://www.youtube.com/watch?v=hmfXi449nj4&t=4s

ABOUT ME
ありつむぎ
ありつむぎです。ライター兼ブロガーです。 サブカルチャーを始めとした幅広いジャンルの情報を紹介します。 未成年者に適さない記事と画像リンクなども掲載しているのでご注意ください。 お仕事の依頼および広告掲載のご相談等は、私のXアカウント(@kmz811)へのDMもしくはサイト内のお問い合わせフォームからお願いします。
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite