ゲーム解説ブログ

ゲーム徹底攻略!

気になったゲームや、その他のことについて書いていきます。

【スマブラSP】これで分かる!5種類のモナドアーツと、シュルクの対策ついて説明するよ!

f:id:dryicecream:20190421093018j:plain


このブログでは、スマブラSPにおけるシュルクの5種類のモナドアーツの効果と、シュルクの対策について説明していきます。


シュルクの強さについて

シュルクは、武器を使ったリーチに優れた技の他、能力を変化することができる「モナドアーツ」が特徴的なファイターです。

足りない機動力を底上げしたり、撃墜力や技の威力を大幅に向上させる性能があります。

モナドアーツを使うと他の能力が下がりますが、それを感じさせない立ち回りをしてくるシュルクは、とてつもない強敵となります。




モナドアーツについて

シュルクには、モナドアーツという固有のスキルがあります。

撃、斬、盾、疾、翔と全部で5種類あり、NBの入力でモナドアーツを展開します。

Bボタンを押しっぱなしにしながら、スティックを傾けることで自由に選択出来ます。

任意のものを選んだ状態でBボタンを離すことにより、そのモナドアーツがシュルクに適応されます。

どのモナドアーツにも長所がありますが、逆に短所も目立ちます。使い所を間違えると、苦しい戦いを強いられることは必須です。

これらを使い分けることで、戦闘を有利に進められると言えます。

以下より、モナドアーツの性能について1つずつ説明していきます。



撃の性能

撃墜力を大幅に強化する効果があります。相手にダメージ量が溜まっており、なおかつ確実に相手を撃墜したい場合に使えるモナドアーツです。

もしくは、無理矢理にでも相手を倒したい時にも活用出来ます。

ただし、シュルク自身も吹っ飛びやすくなりますし、シュルクが与える全体的なダメージ量も大幅に下がります。


例:モナドアーツ無しの横スマッシュ→22.2%
モナドアーツ(撃)の横スマッシュ→6.6%


シュルクが致命傷を負っている場合には、使わない方が良いかもしれません。

相手を撃墜する手段としては活用出来ますが、ダメージ稼ぐ場面は当然のこと、背が低くて攻撃を当てにくい相手と戦う際には、使用を控えるべきだと言えます。

斬の性能

武器を使った攻撃、弱A、掴み攻撃、投げ攻撃などの、シュルクが使える全ての技の威力を上げる効果があります。


例:モナドアーツ無しの横スマッシュ→22.2%
モナドアーツ(斬)の横スマッシュ→31.0%


大量にダメージを与えられる反面、撃墜力は大幅に減少しますし、シュルク自身が受けるダメージ量も上がってしまいます。

例えば、モナドアーツ無しであればダメージが38.0%で済む攻撃でも、モナドアーツ(斬)の使用中だと49.5%ものダメージを受けてしまいます。

こちらの攻撃を一方的に与えることが出来れば良いですが、コンボを叩き込まれてしまえば一気にピンチに追い込まれます。

大量のダメージを稼げるモナドアーツですが、デメリットも大きいので無闇には使うことは控えるべきと言えます。

盾の性能

シュルクの吹っ飛びにくさが大幅に強化される他、受けるダメージも抑える効果があります。

例えば、本来ならば38.0%のダメージを受ける場合であっても、19.0%まで軽減させることが出来ます。


例:モナドアーツ無しの横スマッシュ→22.2%
モナドアーツ(盾)の横スマッシュ→11.1%


大量にダメージを受けて、撃墜されそうになった時に使えるモナドアーツです。吹っ飛びを軽減して、攻めに転じるきっかけになります。

ただし、地上での機動力やジャンプ力、攻撃の威力や撃墜力も下がります。

ステージ外に押し出されると、そのまま戻ってこれずにやられてしまう危険性があります。



疾の性能

シュルクの足の速さが大幅に強化する効果があります。相手と距離を詰めたり、逆に相手から距離を置きたい場合にも使えます。

その反面、落下速度も上がり、ジャンプ力は半減する他、技の威力も落ちます。


例:モナドアーツ無しの横スマッシュ→22.2%
モナドアーツ(疾)の横スマッシュ→15.5%


このモナドアーツの使用中は、ジャンプを控えて立ち回ると安全です。

なぜなら、落下速度が上がってしまうからです。安易にジャンプをすると、上強お手玉などのコンボを叩き込まれてしまう危険性があります。

そういった意味では、相手からの上方向に飛ばす攻撃も出来る限り避けたり防ぐべきだと言えます。

また、ジャンプ力も大幅に減少するため、誤ってステージから落ちると戻ってこれないことが多々あります。

空中戦は控えて、ステージに足をつけて戦うことを意識しましょう。

翔の性能

シュルクのジャンプ力と、上Bの飛翔距離が大幅に強化する効果があります。

モナドアーツ無しでは復帰することが難しい場合でも、これを使用することでステージに戻ることが出来る可能性が上がります。

その反面、受けるダメージ量が上がってしまいます。


例えば、モナドアーツ無しであれば38.0%のダメージで済むところを、翔のモナドアーツを使用していると49.5%のダメージを受けてしまいます。


吹っ飛ばされた直後にこのモナドアーツを使って復帰をすると、その恩恵を受けやすいです。

復帰をしたら、ダメージ量の上昇というデメリットを受ける前に、即座に他のモナドアーツに切り替えて戦闘に臨みましょう。

モナドアーツのゲージについて

各種モナドアーツには、効果の持続を示すゲージが存在します。

ゲージがゼロになると、効果はそこで終わります。また、再び同じモナドアーツを使うためにかかる時間もゲージで表示されます。

以下より各種モナドアーツのゲージについて書いていきます。

撃のゲージ

効果は約9秒間続きます。再び使用するためには16秒の時間がかかります。

斬のゲージ

効果は10秒間続きます。再び使用するためには14秒の時間がかかります。

盾のゲージ

効果は7秒間続きます。再び使用するためには18秒の時間がかかります。

疾のゲージ

効果は8秒間続きます。再び使用するためには15秒の時間がかかります。

翔のゲージ

効果は7秒間続きます。再び使用するためには18秒の時間がかかります。


盾と翔のゲージは効果が短く、再使用するための時間もかかることが分かりました。

一長一短のモナドアーツですが、効果の持続やもう一度使うために必要な時間の長ささえもバラバラです。

シュルクを使うのであれば、これらの知識は覚えておくべきであると言えます。




対策について

以下より、シュルクの対策について書いていきます。

技の発生に難あり

シュルクはリーチが長い攻撃を多く有している反面、技の発生遅めなのが特徴です。なので、ガードをしながら密着するように近づいて、発生の早い攻撃で攻めていくことが効果的です。

近づく際は、ジャンプはしない方が良いです。ジャンプをすると、範囲の広い空前などで弾かれてしまいます。

シュルクの技の範囲は極めて広いです。攻撃が来たら、いつでもガードが出来るように身構えつつ、地上から攻めましょう。

ガードを多用する

シュルクに対しては、ガードを多めに使いましょう。武器を使った攻撃は強いものの、投げに関しては弱めです。

投げられることを覚悟しながら、シールドを張りつつ近づくことで、シュルクに負担をかけられます。

なお、シュルクは、技の範囲を生かした立ち回りを好むため、密着されることを嫌います。

いつでもガード可能である歩きで距離を詰め、近距離戦を強要しましょう。

復帰について

モナドアーツを使っていないシュルクの復帰力は、上と横を含めて低いです。上昇力が乏しく、特に横方向への復帰が弱めです。

なので、シュルクをステージの横に向かって大きく押し出すと、簡単に早期撃墜が狙えます。

シュルクの技の発生は遅いため、密着したら、こちらの発生の早い技を一方的に当てやすいです。

ルキナやロボットの空前などであれば、ほぼ反撃を受けずに連続で当てられるので、そのまま押し出すことが出来ます。

バッタシュルクにはガードキャンセルで対応する

稀に見るような、小ジャンプと空Nを多用するバッタに対しては、ガードキャンセルで対応しましょう。

シュルクの空Nをガードすると同時に、上Bや掴みを入れると簡単に相手の体勢を崩せます。

もしくは、ジャストガードを狙うことも手です。それが成功すれば、余裕を持って反撃出来ます。

モナドアーツ対策

モナドアーツは、前述の通りシュルクの能力を底上げする技です。機動力を上げたり、撃墜力を上げたりします。

これの対策としては、基本的にモナドアーツの効果が切れるまで逃げ回ることが効果的です。

盾以外のモナドアーツを使っているシュルクに対しては、機動力や性能的においても、大抵こちらが不利になります。

無理して戦わずに、モナドアーツの効果が終わるまでガードをしたり、逃げたりして時間を稼ぐことが有効です。




まとめ

撃は、技の撃墜力を上げる効果がある。
逆に技の威力が落ちる。シュルク自身も吹っ飛びやすくなる。モナドアーツの中でも、効果の持続が長め。


斬は、シュルクの全ての技の威力を上げる効果がある。
逆に撃墜力が落ちる。相手から受けるダメージ量が増える。モナドアーツの効果の持続が1番長い。


盾は、攻撃を受けた時のダメージ量と撃墜力を抑える効果がある。
逆に移動速度やジャンプ力といった、機動力が大幅に落ちる。技のダメージや撃墜力も落ちる。
効果の持続は短め。


疾は、地上における移動速度を上げる効果がある。
逆に、技の威力とジャンプ力が落ちる。落下速度が上がるため、コンボを受けやすくなる。
効果の持続は短め。


翔は、ジャンプ力と上B使用時の飛翔距離を上げる効果がある。
高く飛べるため、復帰が容易になる。
逆に、相手から受けるダメージ量が増える。
効果の持続は短め。

シュルクに対しては、ガードを多めに張っておく

最後に

以上が、モナドアーツの効果とシュルクの対策の解説でした。

この方のブログも参考になりますよ!
↓↓↓
スマブラSPモナドアーツとモナキャン(モナドキャンセル)とは何?やり方を解説! | スマブラSP(スイッチ|スペシャル)攻略Wiki|スマカツ


では、今回はこの辺で。