ゲームを愛する人のブログ

気になったゲームや、その他のことについて書いていきます。

【スマブラSP】における「煽りプレイヤー」の対策を教えるよ!

スマブラSP。

1人でプレイし実力を磨いたり、友達と遊んで盛り上がったりと遊び方が無限に存在するゲームです。

そんなスマブラSPにおいて、公式がとある禁止事項を設けました。

スマブラSPのオンライン対戦で「アピール」が禁止になった



つまりこれは、いついかなる時でも、どのようなファイターを使用してもオンライン対戦中は全くアピールが出来ない。カービィがコピー能力を捨てることや、ルイージのアピールによる攻撃すら不可能になったということです。

 任天堂によると、対戦相手を不快にさせる行為や、アピールのせいで対戦が成立しないといった事態を防ぐためにこのような対策を取ったと言います。

 じゃあ何のためにアピールを用意しているんだと口を挟みたくなりますが、この規制は仕方がないことだと納得もしています。


前作のスマブラ(for)では、無暗にアピールをするプレイヤーがあまりにも多かった記憶があります。

マナーが悪く、対戦相手に敬意を払えない残念なプレイヤーが引き続き今作をプレイしている以上、このような措置はやむを得ないのでしょう。


【速報】 「スマブラ 最新作」、ユーザーの民度が低いせいでアピールによる煽り行為を禁止へ [947987516]@2ch - スマホデモ


 
 アピールが廃止になりました。それでは、オンラインにおける民度や環境は改善されたのでしょうか?

残念なことに、そのようなことはありません。

 他のブログでも書かれている通り、民度において変化はありません。依然として自分本位なプレイヤーが新たな煽りを考案し、それが多く用いられています。

詳しくは以下のリンクからどうぞ↓

【スマブラSP】オンライン対戦で「屈伸煽り」が増えすぎてアピールを不可能にした意味が無かった説 | スマブラSPまとめ


 新たに使われるようになった困った行動には幾つか種類があります。以下より紹介します。

不快な行動一覧

 1 屈伸

 スマブラにおける屈伸とは、移動レバーを下に何度も弾き、「しゃがみ状態と直立状態」を最速で繰り返す行為のことです。
その動作が、準備体操の「屈伸」に似ていることからそう呼ばれています。

数多くのプレイヤーが屈伸をするプレイヤーの被害に頭を悩ませているそうです。

 ファイターの種類は関係ありませんが、そういうことをしてくるプレイヤーは決して少なくないとのことです。


  2 ダッシュ 

 相手を撃墜した直後、無意味なダッシュ入力の他、ステステやクイックと呼ばれる移動のテクニックを使用した行動全般を指します。

ステージの端まで走って待機することは問題ではないです。

そうした方が立ち回り的に楽なファイターがいるので、そういった行動を取ることは一般的です。

 問題なのは、全く持って意味の無い動きです。それをすることで立ち回りが楽になる等の理由はなく、ただ暴れるかのように動き回る行為はまさしく煽りと言えます。



  3  しゃがみ歩き

 一部のファイター(クッパやスネーク)がしてくることです。対戦相手を倒した直後、意味も無く前後にしゃがみながら歩き、あたかもこちらのプレイングの未熟さをあざ笑っているかのように見えます。

馴れ合いやおふざけとして用いるのであればまだ良いでしょうが、押されている時にされるとイライラが募ります。


 このように、しなくても良いことを毎回のようにやってのけ、無意味に相手プレイヤーを不快にさせる人達がオンライン環境では蔓延しています。では、このようなことをする悪質なプレイヤーに遭遇したらどうすればいいのでしょうか?



 1 相手にとって屈辱的な方法で倒してやる(ガードクラッシュからのスマッシュや、デデデやカービィの吸い込み落下)


 2 回線を切断する


 3 煽り返す
 

  以上のような方法が考えられますが、投稿者の考える一番の対処方は「相手にしない」ことです。

相手にしない

対戦相手に感謝さえも出来ず、それどころか煽るようなプレイヤーの精神状況等たかが知れています。

現実で全く相手にされずに不満を溜めているような人が、見ず知らずの人を煽って鬱憤を晴らしているのです。

己の小さな自己顕示欲や自尊心のために、周囲に当たり散らしている可哀想な人達に限って、不快になるような行動を取るのです。

煽る人の大半は、誰かを叩いていなければ自分を保てない可哀想な人です。言わば、5chのような匿名掲示板に粘着して、他者を叩き続けている人達と同じ部類と考えて問題ありません。

いちいち取り合ってやる必要はありません。堂々としていればいいのです。慌てず騒がず落ち着いて。深呼吸をして冷静になりましょう。

もし腕に自信があるならば倒しても良いでしょう。しかし、わざと手加減をして負けてやるほうが時間を無駄にせずに済むと投稿者は考えています。

底辺の人との対戦は、勝っても負けても楽しくありません。そんな残念な人のために本気になり、長い時間を使うなんてこちらが損をするだけです。

どうしてもイライラするならば、回線の切断や自滅をしても致し方ないと思います。ペナルティを受けるかもしれませんが、その期間は飲み物を飲んだり寝転がったりと、リラックスの時間に費やすと良いでしょう。

そうすれば自然と怒りも湧いてこないし、アナタのいつものような精神状態で、落ち着いてスマブラを遊べるはずです。

そういった残念な人達のせいで、スマブラが楽しめないなんて嫌ですよね?

何度も言いますが、煽ってくる人に勝ったとしても楽しくはありません。勝敗は関係なく不快な思いをすることは間違いないのですから。

もし煽られた時は、無言で負けてやることを強くオススメします。【お疲れ様です】と心の中で呟きながら。




どうしてもイライラする時の対処法

とは言え、どうしてもガマン出来ないという方もいるかと思います。

「相手は救いようがない底辺の人間だ」と思っていても、イライラする時はイライラして当然です。

そこで苦肉の策として、使用しているユーザー名を変更する方法を提案します。

具体的に言うと、普段使っているユーザーネーム+「はいしん」といったように付けます。

例えば私であれば「つむぎ はいしん」とユーザーネームを付けてからオンライン対戦をするということです。

ほら、プロゲーマーの方や配信者は、決まって「はいしん」とユーザーネームの後ろに付けていますよね? それを真似して表記しましょう。

ただし、本当に配信をしていなくても構いません。言わば脅し文句です。

煽りというのは、匿名性に守られているという安心感から行われるそうです。 匿名掲示板やSNSなどで大口を叩いている人と、煽るプレイヤーは同じ心理であると言われています。

なので、「はいしん」という言葉を付けた相手と戦うことが決まった時、彼らは萎縮して正々堂々と戦います。この言葉を見た相手は、自分がYouTubeにおける視聴者達に見られていると勘違いをするからです。

煽りやガン逃げ、ワンパターン戦法などを普段からしているにも関わらず、公になっていると思った途端に大人しくなるそうです。

投稿者が試したところ、なんと1度も煽られませんでした。普段ならば10回に1回は煽られるというのに不思議な話です。

なので皆さんも、ユーザーネームの後ろに「はいしん」と付けてからオンライン対戦を臨んでみてください。ストレスがメッキリ減りますよ。

最後に

 アピール廃止、オンライン対戦の有料化、任天堂がこのような工夫を凝らしてもなお、質の悪いプレイヤーは夜の街灯に集る羽虫のごとく湧いてきます。任天堂の努力が殆ど報われず残念です。

これを読んでいる皆さんも、マナーの悪いプレイヤーには気をつけてくださいね。