ゲーム解説ブログ

ゲームを愛する人のブログ

気になったゲームや、その他のことについて書いていきます。

【スマブラSP】これで勝てる!?パルテナの対策5選!

f:id:dryicecream:20190501140223j:plain

このブログでは、スマブラSPにおける、パルテナに勝つための5つの対策について書いていきます。うざい!勝ちたい!という声を上げている方々の参考になれば幸いです。

ヘッダー画像は、オイルパニックを浴びせられて真っ黒になったパルテナです。保存はご自由にどうぞ。




遠距離攻撃について

パルテナの遠距離攻撃に対しては、ガードをメインに立ち回りましょう。

爆炎やオート標準といった遠距離攻撃は、判定の大きさや発生の速さという関係により避けることが非常に難しいです。

避けようと思って移動しても、それらの攻撃に当たってしまうことが多々あります。

なので、攻撃に対しては最後までガードをしましょう。パルテナの主力である爆炎は持続が長いです。完全に爆炎が消滅するまではシールドを閉じないようにしてください。

ガードし切ったら近づいて、徐々に距離を詰めていきましょう。

なお、パルテナの遠距離攻撃は、全てエネルギー系の飛び道具の判定があります。

そのため、ゲーム&ウォッチのような飛び道具を吸収可能な技を持つファイターであれば、パルテナ戦が非常に楽になります。

f:id:dryicecream:20190501140418j:plain

こんな感じです。難なく爆炎を吸い取れます。




近距離攻撃について

パルテナの近距離攻撃に対しては、回避をメインに立ち回りましょう。

武器を使った攻撃は判定が広くて厄介なのでガードをしたくなりますが、シールドに頼っていると、パルテナの掴み攻撃への対処が難しくなります。

パルテナの投げは非常に強く、下投げなどから様々なコンボが繋がってしまいます。コンボを受けないためにも、何がなんでも避けましょう。

ここでDAを受けたとしても、投げられるよりは被害が少なくて済みます。DAを受けるつもりで回避行動を取り続けましょう。

スマッシュについて

パルテナのスマッシュ攻撃は、範囲が広い反面発生が遅めで後スキも大きいです。避けたら即座に反撃に切り替えましょう。

空上と投げについて

これらの技は、1度も受けないつもりで立ち回りましょう。空上はあらゆる面で優秀で、撃墜の手段にもなります。

投げは、前述の通りコンボ始動として秀でています。パルテナの投げに対しては回避行動で避けましょう。空上に対する有効手段としては、頭上から攻めないことが挙げられます。

真上の判定がかなり強く、大抵上から攻めると空上に当たってしまいます。低%であれば連続で当てられて、ダメージが溜まっていると撃墜される危険性があります。

もし空中に打ち上げられたら、急降下と空中回避を駆使してガケに逃げましょう。ステージに着地すると、着地狩りの掴みなどを受けてしまいます。

パルテナを相手にする時は、自分からジャンプはせずに地に足つけて戦いましょう。




真下から攻撃をする

攻撃や投げで打ち上げた後は、パルテナの真下から攻撃を仕掛けましょう。パルテナは、真下への有効打が比較的薄いです。そこを攻めると効果的です。

テレポートなどでガケに逃げることを読んだら、そこに走っていって再び打ち上げましょう。カウンターを使ってきたら、着地と同時に上に投げましょう。空下や空Nをしてくるのであれば、ガードキャンセルを決めましょう。

相手の行動によって、こちらがするべき行動は変わってきます。状況を見て使い分けてください。

パルテナに有利なファイター

パルテナに対して有利なファイターとして、ルキナや飛び道具を吸収or反射可能なファイターが挙げられます。

飛び道具こそ強いものの、パルテナは近距離戦を得意としません。飛び道具をかいくぐって、近距離戦を強いることが容易であるルキナは非常にパルテナに対して強く出ることが可能です。

また、飛び道具に対抗出来る技を持つファイターもオススメです。フォックスやウルフ、ゲーム&ウォッチなども、パルテナに対して有利に立ち回れます。

まとめ

遠距離攻撃はガードする

近距離攻撃は、掴み攻撃への対策という意味で回避を多用する

スマッシュは判定が広い反面スキが大きめ。攻撃を避けたりガードをした後は反撃をしやすい

注意するべき技は掴み攻撃と空上。掴みは回避入力で避ける。空上に当たらないためには、パルテナの頭上には行かず、その方向から攻めないことが重要

パルテナから見て、真下にいる相手に対して出来る行動は少なくて、大抵パターン化されている。それらの行動を読んで、こちらの攻撃を通していくことが効果的

最後に

以上が、スマブラSPにおける、パルテナに勝つための5つの対策についてでした。これらの情報が、アナタの参考になれば幸いです。