ゲームを愛する人のブログ

気になったゲームや、その他のことについて書いていきます。

【スマブラSP】これで勝てる!?クラウドの対策8選!

f:id:dryicecream:20190411133106j:plain

このブログでは、勝てない!倒したい!という声をあげている方に向けた、クラウドに勝つための8つの対策について書いていきます。




クラウドは何故強いのか?

クラウドは、前作と比べれば大幅に弱体化されたとはいえ、今作でも強いことに変わりはありません。

剣を使ったリーチは、前作よりも縮みましたが、それを補うだけの地上における移動速度の早さ、機動力の高さ、発生が早くてスキのない凶斬り、リミットブレイク後の攻撃などの強さなどは健在です。

以下より、クラウドの対策を書いていきます。

遠距離から攻める

クラウドは、地上における接近戦を得意とするファイターです。

剣のダメージは高く、スマッシュ攻撃の威力もかなりのものです。

なので、遠距離から飛び道具で牽制しつつ立ち回りましょう。

クラウドにも飛び道具はありますが、安心仕切って連続で使えるほど性能は良くありません。

剣を使った攻撃がメインのクラウドは、やはり相手に接近戦を仕掛けなければ思うように動けません。

剣のリーチよりも離れた位置から飛び道具で攻撃しましょう。

飛び道具のないファイターは、クラウドの攻撃の後スキ、もしくは、攻撃後の誤魔化し気味に使ってくる回避などの後に攻撃をしたりしましょう。攻撃をしたら、すぐに剣の間合いから離れるといったヒット&アウェイの戦法を使っていきましょう。

剣のリーチは、前作と比べると短くなりました。なので、今作においては比較的攻撃を避けやすくなったと言えます。

真上からは絶対に攻めない

これは鉄則です。クラウドは、上方向にいる相手への有効打が強めです。

空上や上強は、判定が大きくて発生が早いです。上スマッシュは発生は遅めですが、これも判定が大きくて威力が極めて高いです。

これらの技を受けないためにも、クラウドに対して上から攻めることはやめましょう。

地上から攻めることを推奨します。前の項目で説明したように、飛び道具を使ったり、ヒット&アウェイで攻めましょう。

それに、地に足をつけていれば、距離を取ったり、攻撃に対してシールドで防ぐことが容易です。出来るだけ、クラウドの攻撃に対してリスクを減らして戦いましょう。




復帰を狩る

クラウドの唯一の復帰技である上Bの上昇力は、かなり低いです。

リミットブレイクを使えば復帰力が伸びますが、素の性能はお世辞にも良いとは言えません。

少しでも横に飛ばしてやるだけで簡単に倒せます。また、クラウドの2段ジャンプに合わせて横方向に飛ばす技を当てると、ほぼ戻ってこれません。

早期撃墜を狙うのであれば、横方向に押し出すか吹っ飛ばしましょう。

シールドを多めに使う

クラウドに対しては、シールドをガンガン張っていきましょう。

クラウドの、剣を使った攻撃は強めですが、それに比べて投げ技はそこまで強くありませんしコンボもありません。

投げは、あくまで相手の体勢を崩す程度にしか使うことが出来ません。投げのダメージ量も高くありません。

つまり、投げを受けてもそこまでリスクが無いということです。投げを通してしまうつもりでシールドを使いましょう。

問題なのは、剣を使った高い威力の攻撃を受けてしまうことです。それらはしっかりとガードしましょう。

リミットブレイク対策

リミットブレイク後の攻撃は凄まじく強いです。発生も早く、威力や撃墜力共に優れています。

なので、それらの攻撃をしっかりガードをするか、ステージ外に押し出し、上Bによる復帰技に使わせましょう。

復帰で使わせれば、強化された各種B技を受けることなく立ち回ることが出来ます。

もしくは、リミットゲージを溜めさせないように早期撃墜を狙うことも手です。

下Bをしている時に何かしらの攻撃を受けると、ゲージが約10%程度減少するという仕様があります。リミットブレイクを遅らせるという点で、クラウド戦においては効果的です。

凶斬りの対策

凶斬りもガードをしましょう。5段攻撃中に割り込むことはほぼ不可能ですし、無理して反撃しようとすれば大きなダメージを受けかねません。

なので、シールドを張っておくことが何よりの対策となります。

また、途中で凶斬りを中断して投げなどに転じてくる場合もありますが、これは最悪通してしまっても、凶斬りを受けるよりは被害が少なくて済みます。

投げられる覚悟でシールドを張り続けましょう。


以下より、凶斬りを全段ガードした後の反撃について解説します。

反撃については、みなさんの1番の悩みではないでしょうか?

凶斬り後を狙って攻撃しても、その場回避をされたり、ジャンプで避けられたりと、上手くいかないことが多いことでしょう。

凶斬り後のクラウドに、一方的に攻撃を押し付けることは非常に難しいです。

なので、凶斬りを防いだ後は、相手との読み合いに勝つしかありません。

ガード、攻撃技、回避のうち、どの動きを選択するのかを読みましょう。プレイヤーによって異なりますが、大抵は癖付けられています。

例えば、1度目で回避をしてきたら、それ以降も回避を選択する可能性が高いです。癖を見逃さず、しっかりと確認しておきましょう。

もしくはジャストガードを狙ってみましょう。

連続攻撃である凶斬りの、最後の切り上げのタイミングを見計らってジャストガードを狙うと、その後の立ち回りが非常に楽になりますし、これが成功すると確実に反撃をすることが可能です。

特に、リミットブレイク後の凶斬りは、途中で止めることなく「凶」という文字を刻みます。確実に最終段まで当ててくるため、ジャストガードが狙いやすくなると言えます。

少し難しいですが、これが安定して出来るようになれば、クラウドとの対戦においてストレスを溜めずに済みますよ。

上B対策

クラウドの上Bは、地上で使われると極めて脅威となります。発生が早く、しかも後スキもほとんどないので連打されてしまうとなかなか近づけません。

ガードキャンセルで反撃しようとしても、上Bの発生の方が早いこともあり、割り込むことは非常に難しいです。

そんな上Bの対策としては、クラウドの後ろに回り込むことが効果的です。

1段目の上Bをガードしたら、切り降ろされる前に回避入力などでクラウドの背後に回りましょう。

そして、クラウドが落下している途中で攻撃を当てれば、反撃は確実に出来ます。

ステージに着地してからでは遅いです。必ず落下途中を攻めてください。そうしなければ、振り向きながらの上Bで再び攻撃されてしまいます。

1段目をガード→横回避入力などで後ろに回り込む→攻撃を当てるといった流れをクラウドに行えば、機動力の低い重量級ファイターであっても反撃が可能です。

暴れ性能は低め

クラウドの暴れ技?である空Nは、見た目以上に判定が狭いです。

のみならず、他の空中攻撃にも発生の遅さやリーチの短さなどの欠陥が多いです。

クラウドの暴れ性能は低めです。なので、上に飛ばした後はお手玉が容易です。

クラウドの性能上、ロボットやしずえの上強攻撃を連続で当てやすいです。途中で空Nをされても、簡単に判定的に勝つことが出来ます。




まとめ

飛び道具で攻撃をする。無い場合はヒット&アウェイを意識する

復帰を狩る

上方向からは攻めない

シールドを多めに使う

リミットは、使わせる前に倒すか復帰に使わせる

凶斬り後は読み合いに勝つ

上Bに対しては背後に回って反撃をする

空Nによる暴れ性能が低め

最後に

以上が、クラウドに勝つための8つの対策についてでした。

このブログが何かの参考になれば幸いです。