ゲーム解説ブログ

ゲーム徹底攻略!

気になったゲームや、その他のことについて書いていきます。

【スマブラSP】これで勝てる!?クッパの対策9選!

f:id:dryicecream:20190508143802j:plain

このブログでは、スマブラSPにおけるクッパに勝つための9つの対策について紹介していきます。勝てない!うざい!という声をあげている方の参考になれば幸いです。




クッパの強さについて

スマブラSPのクッパは、足の速さと技の判定と撃墜力に特化したファイターです。弱A、強攻撃、投げなど、どれを取っても撃墜力と威力に優れています。

さらに、こちらの威力の低い攻撃を受けても怯みませんし、強攻撃やスマッシュ攻撃の出始めに更にスーパーアーマー効果が付与されています。

NBも強力です。範囲が広い連続ヒットする技です。1度受けてしまうと、なかなか抜け出しにくいだけでなく、軽々と40%以上のダメージを与えてくるという驚異的な技です。

そんなクッパを倒すための対策を、以下より書いていきます。

クッパのスーパーアーマー対策

前述の通り、クッパは、こちらの威力に乏しい攻撃に対して怯まないという性能があります。弱Aなどで攻撃している最中に、強引にスマッシュ攻撃や各種B技を当ててくることが多々あります。

なので、クッパと戦う際には、弱Aなどの威力の低い攻撃はなるべく使わずに立ち回りましょう。

代わりに、掴みを多めに使うことがオススメです。スーパーアーマーがある以上、叩いてダメージを与えるよりも、投げてしまった方が安全です。

投げを使えば、アーマーは関係ありません。クッパとの戦いにおいて、投げは非常に効果的です。




コンボ耐性

クッパのコンボ耐性は極めて低いです。なぜなら、体が大きく落下速度も速いからです。上に投げてから、上強や空上などでお手玉をすることで、楽々とダメージを稼げます。

ただしその際は、空Nなどの暴れ技に気をつけてください。空Nが掠っただけでも、上強などの技が繋がってしまう可能性があります。

ある程度のダメージを稼いだら、空Nで暴れられる前に、お手玉を辞めて別の行動に移行しましょう。

復帰について

クッパは、全ファイター屈指の重さを誇ります。強攻撃やスマッシュなどで撃墜することは難しいです。

ですが、復帰力がかなり低めなので、少しでも遠くに押し出すことが出来れば戻ってこれません。

クッパの上Bは、横移動よりも上昇する力が高いです。そのため、下方向よりも横に押すことで早期撃墜が狙いやすいです。

しかし、その時は横Bに気をつけてください。横Bは、掴みの判定がありながら、空中でも使用可能です。横Bで掴まれると、アナタの使っているファイターがクッパと一緒に落下していきます。

先に撃墜するのはクッパですが、その後、真下からステージに自力で戻ってこれる程の復帰力を持つようなファイターはあまりいません。復帰阻止をする時は、横Bで捕らえられないように警戒しつつ慎重にやりましょう。

シールドをなるべく張らない

普段の立ち回りにおいて気をつけてなければならないことの1つとして、シールドを出来るだけ張らないということが挙げられます。

無闇にシールドを張ると、横Bや掴みを受けてしまう危険性が上がります。クッパの投げ技はどれも強力です。横Bは威力が高くて、通常の掴みは判定がかなり大きいです。

1度投げられただけでも、10%以上のダメージが入ります。例えば、0%から上投げから確定で、空上なとが入りますし、前投げや後ろ投げは撃墜手段にもなります。

横Bは範囲こそ狭いものの、掴み判定なのでシールドを関係なしに技が通ります。威力は脅威の21%です。撃墜力は言わずもがな高過ぎます。

これらの対策として、こちらはシールドは張らないことが効果的です。投げを含めたクッパの殆どの攻撃は、全て避けるつもりで立ち回りましょう。

ガードキャンセルに注意

クッパのガードキャンセル上Bも強力です。判定や発生に優れていて、切り返しに度々使われます。

これを受けないためにも、投げを多めに使いましょう。そうすることで、こちらの投げを警戒させて、クッパ側はシールドを張りにくくなります。

そして、シールドの代わりに回避を多用してくるようになったら、それを読んで後スキを狩りましょう。




攻撃に向かう時はジャンプを控える

クッパは、自分の頭よりも上方向への攻撃手段が強いです。上強や上スマッシュ攻撃は、どちらも判定が広くて威力もかなり高いです。ダメージによっては撃墜されてしまいます。

例えばピチューであれば、100%程度溜まっていると、上強を受けただけで撃墜してしまいます。

さらに、判定、発生、威力に優れた、空前にも注意が必要です。

復帰阻止としても使われますし、安易なジャンプはこれで全て狩られます。空前の対策として、強いて挙げるなら後スキを突くくらいしかありません。

見てからでは避けられませんし、空中にいる時にそれをされると大抵逃れられません。

こういったことから、ジャンプをして上から攻めることは危険です。出来るだけ地に足つけて、いつでも回避出来る体勢を保ちつつ、読み合いを制していきましょう。

飛び道具

クッパは、体が大きいため攻撃が当たりやすいです。もし飛び道具があるのであれば、それを使ってダメージを稼ぎつつ立ち回りましょう。

しかし、クッパにはスーパーアーマーがあります。弱すぎる飛び道具だと、怯ませられません。

飛び道具を過信していると、こちらの攻撃を受けながら、技を押し通されることがあります。クッパと自分の位置を常に確認しながら、使い所を見極めていきましょう。

炎のダメージ

クッパのNBは、炎を吐き出す技です。根元から受けると、40%以上も稼がれてしまいます。しかも、1度くらうと抜け出しにくいです。

炎の対策として、吐かれる前に攻撃をすることと、クッパから距離を置くことがあります。

NBは発生が遅く、こちらの攻撃の発生が早ければ、炎を受ける前に投げを通すことが出来ます。

また、距離を置くことで、炎からのダメージを最小限に抑えられます。炎の最も高いダメージ判定はクッパの口元にあります。そこから離れるという意味で、距離を取りましょう。

間違っても、炎を吐いているクッパの後方に回避しながら避けようとはしないでください。回避の途中で炎に当たり、威力の高い口元に触れてしまいます。

なお、炎は飛び道具です。ネスやリュカの下Bで吸収することが可能です。

待ちの姿勢で戦う

クッパ戦では、待ちの意識が重要になってきます。クッパが仕掛けてきた攻撃を避けて、それから攻撃を当てるという立ち回りを意識しましょう。

クッパの攻撃は、発生が早い代わりにスキが大きめです。避けてからでも、余裕を持って反撃が間に合います。

攻撃を誘いつつ回避やステップで避けて、それから反撃をすることを念頭に置いて、対戦に臨みましょう。




まとめ

攻撃に対して怯みにくいので、投げを通す

お手玉でダメージを稼ぎやすい

復帰力が低いので、押し出すことで早期撃墜を狙える。ただし、横Bには注意が必要

投げを警戒するという意味で、シールドはなるべく張らない。攻撃は全て避けるつもりで立ち回る

ガードキャンセル時の行動が強め。投げを多用して、シールドを張らせることを躊躇させる

ジャンプを控える。空中ではなく地に足つけて戦う

飛び道具を多用することで牽制が可能。しかし、飛び道具の威力によってはクッパは怯まない。クッパの位置を確認しつつ使う

炎の対策は、クッパから距離を置くか、発生の遅さを突いて炎を吐かれる前に攻撃を当てる

待ちの姿勢で立ち回る。クッパの攻撃の後スキを突くことを常に意識する

最後に

以上が、スマブラSPにおける、クッパに勝つための9つの対策についてでした。

クッパは、重量級の中でもかなりの使いやすさと強さを誇ります。オンライン対戦でも度々見かけるほど使用率が高く、対策は必須です。

このブログが、そんなクッパに勝つために役に立てば幸いです。