ゲームを愛する人のブログ

気になったゲームや、その他のことについて書いていきます。

【ポケモン都市伝説】レジ系の怖い話!戦争及びAZOTH計画の関係性の考察について

f:id:dryicecream:20190921082059p:plain

ポケモン都市伝説を語るにおいて欠かせないのが【レジ系】ポケモンでしょう。

レジロック・レジアイス・レジスチルは、過去の人間によって起こされた戦争などを表しているのではないかと何度も噂されていて、それが俗説として知れ渡っています。

意味深な点字、鳴き声、覚える技、足跡など、戦争と関連している要素が多く見られるからです。

しかし昨今では、レジ系は戦争は関係性がなく他の計画に用いられようとしていた、言わば素材だった可能性があるとされています。

このブログでは、それについて書いていきます。




戦争説について

まずは、戦争と関わりのある話から紹介していきます。

http://deldel9181.hatenadiary.jp/entry/2018/04/28/004236

このブログのように、レジ系には戦争を彷彿とさせる要素がふんだんに含まれています。

例えば、その鳴き声が原〇〇弾を落とされた時の状況を表しているとされています。

アイスが降下音。ロックが爆発音及び建物が吹き飛ぶ音。スチルが逃げ惑う人々の声(タスケテに聞こえるらしい)をそれぞれ表現しているとされ、足跡もロック→アイス→スチルといった順番に、上空からそれが落とされて、爆風が広がるまでの経過と思しき形になっています。

レジ系の封印を解くために必要なジーランスとホエルオーについては、ジーランスがリトルボ〇イ。ホエルオーがファット〇ンを表現していると言われています。

しかし、この戦争との関連性については疑問が残っています。

レジ系が存在する場所は、現実世界においてアメリカ軍に攻撃された場所であるとされていましたが、実は場所が少しだけズレていたとのことです。

正しくは、戦争の被害現場などではなくて、レジ系の祠は古墳が存在する場所に位置することが判明しました。

さらには、公式が戦争との関わりについて否定しています。この説は、ユーザー達の考えすぎということでしょう。

レジ系はハニワなどをモデルにして作ったと考えられています。

意味深な内容が多く見受けられましたが、残念なことに戦争とは関係がなかったっぽいです。

AZTOH計画について

http://pokemon-matome.net/articles/101493.html

このサイトによると、レジ系はAZTOH(アゾート)計画の素材として利用されそうになっていたようです。

プロジェクト AZOTH
ファイル ナンバー1
「すべてを はじまりに かえす さくせん
プロジェクト AZOTH(アゾート)を
じつげん するため
グラードンの ゲンシカイキに かんする
けんきゅうを すすめる
ゲンシカイキは メガシンカとは ことなる
ポケモンの しんかの かのうせい
グラードンは しぜんの エネルギーを
たいない に とりこむことで
あっとうてきな パワーアップ―――
ゲンシカイキを はたす
ひとと ポケモンの エネルギーによって
はっせいする メガシンカと
しぜんの エネルギーによって
はっせいする ゲンシカイキ
ともに おおはばな パワーアップを
ポケモンに もたらす ものだが
もちいられる エネルギーは
おおきく ことなっている ようだ

ファイル ナンバー2
「3000ねんまえ
カロスちほうで もちいられた
さいしゅうへいきの いりょくに ちゅうもく
そのぎじゅつを てんよう した
ドリルへいきの かいはつに ちゃくしゅする
かいていどうくつの ふういんは
でんせつポケモンの ちからで おこなわれている
どうくつないに すすむには
それいじょうの ちからで
ふういんを とく ほかに ない
トウカほうめん ちょうさたいからの
ほうこくに よれば
さいしゅうへいきの ぎじゅつに ついて
デポン コーポレーションが
ひみつを にぎっている とのこと
だんの そうりょくを あげて
ぎじゅつの かくとくに うごく


この計画を読むと、3000年前のカロス地方にて使われた【最終兵器】の再現を目論んでいたことが明らかになります。

最終兵器とは、ポケモンのXYのカロス地方に登場するカロス地方の王AZという男が、戦争を終えるために使った自作の兵器のことです。

戦争を終わらせるだけでなく、地上の人々全てを焼き払うほどの絶大な威力があったとされ、マグマ団、アクア団はその力を現代に再現することで、自らの野望を遂げようとしていたようです。

このAZOTH計画の名称の由来は、最終兵器を再現するために必要なポケモンを表していると考えられています。

  • Aはカイオーガ。
  • Zはグラードン。
  • Oはレジスチル。
  • Tはレジアイス。
  • Hはレジロック。

αはアルファベットの始まりであるAに相当し、Ωは終わりを意味するZと解釈出来ます。

OTHはレジ系の顔の点字から読み取れます。

f:id:dryicecream:20190921090510p:plain

レジアイスだけ分かりにくいですが、横から見れば小文字のtに見えなくはありません。

これらのポケモンには、最終兵器を製造するだけのパワーがあって、計画に使われそうになった可能性があります。




お触れの石室について

レジ系に出会うために必要な場所です。

様々な点字が並び、それらを解読すると以下のようになります。

わたしたちわ このあなのなかでくらし せいかつし そしていきてきた
すべてはぽけもんのおかげだ
だが わたしたちはあのぽけもんをとじこめた
こわかったのだ
ゆーき ある
ものよ
きぼーに
みちた ものよ
とびらを あけよ
そこに えいえんの
ぽけもんが いる

かつて、ここでレジ系ポケモンと共に暮らしていた人々がいた。けれど、こわかったために閉じ込めたと解読出来ます。

一体何が怖ったのか?

ここからは、完全な憶測になります。

ある時、祠で暮らしていた人々は、レジ系が最終兵器の素材になりうることを知ってしまいました。

3000年前にAZが用いた最終兵器です。それと同じ道具を開発するだけの力がレジ系には存在しているため、このままでは自分たち一族が滅ぼされてしまうと怖くなりレジ系を閉じ込めました。

そして、兵器開発の道具として使われる恐れのある彼らを守ってくれるような、ここを訪れる勇気のある者のために様々なヒントを残した...と考えられます。

そうなると、古くから最終兵器を実現する力がレジ系にはあることを人々は知っていて、それを悪用することを考えていた人もいたことが明らかになります。

当時はAZTOH計画という名称は無かった可能性はありますが、オメガルビー・アルファサファイアにおけるアクア・マグマ団が目論んでいたAZTOH計画と、その内容に大差はないと思われます。

レジギガスについて

ところで、これらレジ系のポケモンを作ったのは、あのレジギガスであると言われています。

f:id:dryicecream:20190921105247p:plain

レジギガスの図鑑説明

ポケットモンスターダイヤモンド・パール
なわで しばった たいりくを ひっぱって うごかしたという でんせつが のこされている。
ポケットモンスタープラチナ
とくしゅな ひょうざんや がんせき マグマから じぶんの すがたに にた ポケモンを つくったと いわれる。
ポケットモンスターハートゴールド・ソウルシルバー
ねんど こおり マグマを つかって レジロック レジアイス レジスチルの 3ひきを つくったと いわれている。

デカイだけの鈍間と名高いレジギガスです。このポケモンが3体のレジを製造したそうです。

AZOTH計画に利用するに当たり、何故レジギガスには手を出さなかったのでしょうね。

ポケモンバトルには向いていないレジギガスですが、大陸を単独で引っ張り、各種レジ系を作り上げた創造主でもあります。

ギガスは、最終兵器を作り上げるにはうってつけの素材であるように感じるのですが、みなさんはどう思います?製造された3体のレジを利用するよりも、ギガスを1体使ってしまった方が遥かに強力なものが完成するようには思いませんか?

何か、利用することが難しい理由でもあったのでしょうか?もしくは、現在のギガスは過去と比べて弱体化してしまい、今や各種レジ系よりも貧弱なために利用価値がないと判断されたのでしょうか?

この辺りは、公式で全く触れられておらず謎に満ちていますが、投稿者は「レジギガスの入手方法が不明だった」からではないかと予想しています。

そもそもレジギガスに出会うためには、レジ系3匹を手持ちに入れておきながら、レジアイスにニックネームを付けた上で氷系のアイテムを持たせるという、かなりの手間をかけた上で、昼間に小島の横穴と呼ばれる場所に行く必要があります。

何の情報もなければ、そのようなことなど分かるはずがありません。なので、アクア・マグマ団はギガスの入手を諦めて、AZOTH計画にレジ系3体を利用することに決めたと考えられます。

まとめ

レジ系は戦争とは関係性がなく、最終兵器と呼ばれる兵器の開発に利用されそうになっただけのポケモンと考えられる。

最後に

以上が、レジ系の怖い話についてでした。