ゲームを愛する人のブログ

気になったゲームや、その他のことについて書いていきます。

【スマブラSp】これで勝てる!?こどもリンクの対策4選!

f:id:dryicecream:20190619144840j:plain

このブログでは、スマブラSPにおけるこどもリンクに勝つための4つの対策について紹介していきます。

勝てない!うざい!強すぎ!と声をあげている方の参考になれば幸いです。

こどもリンクの強さについて

こどもリンクは、弓矢(NB)、ブーメラン(横B)、ボム(下B)の3種類の飛び道具を駆使して立ち回るファイターです。1つ1つの飛び道具は、クセが少なくて使いやすくてダメージ量も大きいです。

それだけでなく、当てた後にコンボに繋げられたりもします。中でも、ブーメランは、飛ばす方向を事前に選択することが可能となっています。斜め上に投げられると非常に避けにくくなります。

それらの飛び道具を使われるだけでも辛いのですが、近接においても空Nや回転斬り、コンボ始動として使われる下強などの優秀な攻撃手段を持っています。

特に空Nは発生、持続、後スキが極めて少ないです。ガードキャンセルから出されたり、相手を突き放すためによく使われるこどもリンクの主力の1つです。

撃墜手段は空前、空下、スマッシュなどがあります。

横スマッシュは吹っ飛ばす効果が強くて威力も高めです。空前と空下は、ブーメランなどの飛び道具から繋げられる手軽な撃墜手段になります。

コンボを駆使してダメージを稼いで、空前やスマッシュで撃墜するというのがこどもリンクの戦い方です。

このファイターと対戦するにおいて、飛び道具と空Nの対策をしておかなければ、立ち回り的に苦しくなることは必須です。

以下より、こどもリンクの対策について書いていきます。




飛び道具対策について

飛び道具を受けてしまうと、体勢が崩れたところで接近されて剣などの攻撃でダメージを与えられてしまいます。コンボ始動として頻繁に使われますし、撃墜手段である空前などにも繋げられます。

特にブーメランは、当たると空前などの追撃がほぼ確定します。 高%時にブーメランを受けることは、こどもリンクに撃墜されることと同じと考えて問題ないです。

飛び道具の対策は2つあります。

1つは、ガードをしながら近づいて接近戦を仕掛けることです。

弓矢とブーメラン、ボムを飛ばす挙動を見せたら、しっかりと止まってシールドを張って対応しましょう。

シールドを触れた矢は消滅し、ブーメランは貫通することなくこどもリンクに向かって跳ね返るため、ダメージを受けずに済みます。

ボムは、シールドに触れたことを確認したら、即座に拾って投げ返すか場外に捨てましょう。ボムが爆発するまでの時間は長いので、早めに処理をしなければステージ上にしばらく残り続けます。アイテムが設置された状態で対戦をするのは立ち回り的に難しいので、直ぐに処理をするべきです。

それらの飛び道具に対して、ガードを多めに使いながら近づいて、そこからは接近戦を強要しましょう。

こどもリンクの飛び道具はどれもスキが大きいため、相手と距離が近いと使いにくくなります。ある程度まで近づけば、飛び道具を使ってくることはほとんどありません。

また、ブーメランに限った話ですが、飛び道具を攻撃で叩き落とすことも効果的です。

剣などの武器や、こちらの飛び道具弾き落として無力化すると、ほぼノーリスクでブーメランを処理できます。


もう1つの飛び道具対策として、ジャンプで避けることがあります。

弓矢の対策として非常に効果的です。弓矢は、直線上にしか飛ばせないため、斜め上からのジャンプで簡単に避けられます。

避けつつ、斜め上方向からこどもリンクに近づいたら、相手のファイターがどのように行動してくるかをしっかりと読みましょう。

シールドを張ってくるならば、空中攻撃せずに、着地と同時に投げを使いましょう。

ブーメランやその他の攻撃をしてくるならば、空中攻撃でそれらの技を潰しながらこどもリンクを攻撃するといったように、読み合いに勝っていく必要があります。

このような対策もありますが、1番安全なのはガードしながら近づくことです。ガードは、こどもリンクのいかなる飛び道具にも対応可能です。




接近戦で注意するべき点

こどもリンクの近接攻撃の有効範囲の外から攻撃をしましょう。こどもであるため手足が短くて、全体的なリーチも長くないです。

ただし、空Nは切り返し技として優秀です。発生が早くて持続が長いため、頻繁に使われます。ガードキャンセルからも繰り出されるので、気をつけなければならない技です。

しかし、リーチは短めです。こちらのファイターのリーチ差を生かしつつ立ち回れば、当たることはほとんどありません。

空Nに対しては、こちらのリーチに優れた技で潰しつつ圧をかけていきましょう。

復帰阻止

こどもリンクの復帰力は低く、明確な弱点です。

横方向に大きく飛ばしたり、飛び道具を投げて復帰を阻止すると、戻ってこれずに落ちていくことが大半となっています。

場外のこどもリンクが復帰行動を取る前に、近づいていって攻撃を当てることで、早期撃墜を狙えます。

また、カウンター持ちのファイター(キングクルールやクロムなど)であれば、こどもリンクの上Bを簡単に妨害出来ます。

ワイヤー復帰もあるが、ワイヤーを使える他のファイターよりも短くて使われにくいです。大抵、復帰をする時は上Bが使われます。

なので、その行動に合わせてカウンターをしておくと復帰阻止が楽に出来ます。

ガードは多めに使う

遠距離や近距離を問わずに、こどもリンクに対してはガードを多めに使いましょう。

このファイターの掴みはワイヤーです。リーチはあるものの発生が遅くてスキも多いです。

なので、ワイヤーを取り出した瞬間を見てからでも、その場回避やジャンプなどで避けることが出来ます。

それに、こどもリンクの投げは、飛び道具や剣を使った攻撃と比べればそこまで強くないです。

最悪、掴みを通してしまっても、物理攻撃を受けるよりは被害が少なくて済みます。

また、ガードキャンセルの行動に対してもガードが有効です。

こどもリンクのガードキャンセルは非常に強いです。上Bや空Nなどが繰り出されるからです。

せっかく距離を詰めても、これらの技を受けて切り返されると非常にこちらにとって苦しくなります。特に、上Bの回転斬りからは空中攻撃がコンボとして繋がるため、大きなダメージを受けることになりかねません。

なので、ガードをしているこどもリンクに対しては、こちらも同じくガードをしましょう。

そして、ガーキャン空N、上Bをしっかりと防いでから、こちらの攻撃を押し当てていきましょう。




まとめ

飛び道具は、ガードもしくはジャンプで対応する。ボムは場外に捨てて、ブーメランはこちらの攻撃で叩き落とすことも効果的

接近戦では、常にこどもリンクの空Nのリーチの外から攻撃するようにする。

復帰阻止は積極的に行う

ガードを多めに使う

最後に

以上が、こどもリンクに勝つための4つの対策についてでした。

https://youtu.be/3uRP4bAu9vk