ゲームを愛する人のブログ

気になったゲームや、その他のことについて書いていきます。

【ポケットモンスター】ゲーム版ポケモンの絶望的な民度の低さの原因について考えるよ

f:id:dryicecream:20190912085930j:plain

ポケットモンスターというゲームが発売されてから25年以上の月日が経とうとしています。

それまでに、様々な変化がありました。

白黒からカラーへの変化、ポケモンの種類の増加、2Dから3Dへの変更などを得て、今や世界中の人達と対戦や交換が楽しめるようになりました。

そんなシステムの向上は非常に喜ばしいことです。しかし、それに伴ってデメリットも見受けられるようになったことも事実です。

それは、悪質なプレイヤーによる嫌がらせの横行です。

見ず知らずの人にネットを介して大口を叩いたり、レーティングバトルにおいては回線を切断したりと、不快な言動を見せるプレイヤーが増加してしまいました。

これが、身内でのみ行われているならばまだしも、顔や居住地、性格さえも知らない不特定多数の人に対して嫌がらせを行う。

その結果として、今日のゲーム版ポケモンの民度の低さがあるのだと思います。

全てではありませんが、この民度の低さの原因は、「プレイヤーの精神」が大部分を占めていると投稿者は考えています。

以下より、その根拠について書いていきます。




レーティングバトル

ポケモンで盛んに行われているレーティングバトル。

これによって世界中の人達とバトルを楽しめるのですが、その「楽しむ」という目的から逸脱しているプレイヤーが多く存在しています。

勝敗を競い合う中でも、楽しむことが何よりも重要です。賞金や名誉をかけた大会ではないのですから、肩の力を抜いて自由に遊ぶべきです。

現に投稿者は、脱出ボタンを持たせたコータスの日照りを軸とした、マラカッチやキマワリなどのマイナーポケモンを採用したパーティ、通称「晴れパ」などでレートバトルを楽しんでいます。勝率は2割にも到達していないものの、面白いのでOKです。

しかし、レートバトルをやっていると分かるのですが、ほとんどが同じようなポケモンを使っています。

カバルドン、ランドロス、ボーマンダ、ミミッキュ、リザードン、カプ・コケコレヒレテテフ、アクジキングを除くUB全般など、組み合わせに違いはあれど、「勝つことに固着している」ことが見えているプレイヤーがやけに多く見受けられます。1500~1300までは同じようなポケモンと戦うことになります。

多くの人が個性を捨ててまでそうしている理由として、他人を負かして優越感に浸りたいのだろうと思います。勝ちを重ねることにより、自分はポケモンにおいては他人よりもずっと優れていると思い込んで、自分を慰めたいのだと考えられます。

つまり、勝つことにしか興味のない人が多く蔓延っているだけでなく、それ以外のポケモンを使用することは許せないというような空気が、民度の低下を招いていると言えます。

のみならず、舐めプをしてくることも多々あります。

攻撃すればその時点で勝利が確定する場面において、「みがわり」や耐久・火力アップの技を使ってくるような、個人の性格に問題のあるプレイヤーも存在します。

例えば、ステロでダメージを受けたタスキ持ちのキマワリに対して、メガボーマンダが竜の舞をする意味はどこにもありませんよね?

そういった、対戦相手に対する敬意に欠けたプレイヤーが、ポケモンというゲーム全体の民度を下げているのです。

回線の切断

勇気の切断ではありませんが、切断されることが多いのがこのゲームの特徴でもあります。

交代読みでZ技を効果無しで受けられたり、「怯み」で動けなかったり技を外したり、はたまた負けが確定した途端に切断してきます。

負けたことを無かったことにして敗北感から目を背けてる人は、負けることで己のプライドが傷つくことを恐れているのでしょう。降参を押してしまうと、自分が負けたことを認めてしまいますからね。

負けは負け、勝ちは勝ちです。それさえも放棄して切断するなど、対戦相手に失礼であることは言うまでもありませんし、民度が低いと言われても仕方のないことです。

ポケモンの動画やサイトについて

ゲームのみならず、悪質なプレイヤーはyoutubeや育成論などのポケモンのサイトにも出没します。

ポケモン対戦の生放送を筆頭に、その他ポケモンのサイトのコメント欄は大抵荒れています。


【ポケモンUSUM】100勝するまで終われない地獄の生放送-前編-

ポケモン実況で有名な、ライバロリ氏の生放送のアーカイブです。

生放送では、プレイングのみならず意味不明かつ不快にさせるようなコメントが流れて、エアプ(実際にプレイしたことのない人)であるにも関わらずプレイングに口出しをしてくるという、嫌悪と怨嗟が渦巻く異次元空間が形成されています。

そして、エアプの人達の指摘にミスがあったことが発覚した途端、彼らは謝るどころか騒ぎ出したり言い訳をする始末です。

ごめんなさいも言えないの?そんなんじゃ甘いよ(棒読み)

やったことがないなら黙っていればいいものを、わざわざ喋るなんて厄介な目立ちたがり屋であると言わざるを得ません。

民度を下げているのはポケモンをやっている人だけではありません。やっていない人も率先して民度の低下に貢献しているのです。


特定のサイトにおいては、記載のミスやダメージ計算のミスを上から目線で指摘してくる人で溢れています。

ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略


通常ならば考えられない技編成や努力値配分が紹介されていると、それを激しく叩いてきます。

また、揚げ足を取るように、言葉のあやについても過剰に反応して手間暇をかけて叩いてくる始末です。

「こういう考えもあるんだね」と納得するような、寛容の心がない人が遥かに多いことが原因です。必ずその提案通りに育てて使う必要があるわけではないのですから、あくまで参考にする程度に留めておけば済む話です。

自分と異なる考えは許せない。その気持ちが発露してコメントで偉そうに指摘をしてくるのでしょう。

もし、他の人がそのようなコメントや、やり取りを見たらどう思うでしょうか?

当然、「民度が低い」と思われても仕方の無いことだと思います。




こちらのブログも参考になりますよ
↓↓↓
https://www.mikai.jp/entry/pokemon/gachi-mindo

ポケモン廃人について

この項目は、個人的な意見を書いていきます。

度々厄介者として槍玉にあげられる「ポケモン廃人」

特性の選別、性格補正、技編成、努力値配分など、様々なポケモンの要素を熟知して、育成のバトルのためにポケモンに多大な時間を費やす方々を言います。

世間からは、怖い、うざいなどと言われて、良いように思われないことが多いです。

ただ、知っての通り、ポケモンのレーティングバトルをするためには、これらの厳選や技編成、敵の育て方を想定した努力値を振ることは常識です。

例えば、Sに12だけ振って仮想敵の素早さをギリギリ抜かす調整をしたり、耐久に振ることで、相手の攻撃を1回だけ耐える調整にしたりと、努力値配分には気を配ります。

勝つことも目的にしていますが、何よりも楽しむためにやっています。

ポケモンにおけるネット対戦を楽しむためには、時間を大量にかけて育成しつつ各種知識を得ることが必須であり常識です。敷居は高いですが、やるしかないのです。

一般的にウザがられている廃人というのは、自分の考えこそが正しいという勘違いを元に、平気で他人に口出しをするような、言わばポケモン以前に常識に欠けた人です。

民度の低下の原因として挙げられるのは、そういった人が声をあげて目立ってしまっているからです、

当然ながら、ポケモン廃人はそういった人達ばかりではありません。マナーを守れる人もいます。

ポケモン廃人全てが常識外れの人間であるということではありません。そこは、勘違いをしないでほしいです。


最後に

以上が、投稿者の考えるポケモンの民度の低さの原因についてでした。

実際のところ、勝敗に拘るプレイヤーや、自尊心を満たすための道具としてポケモンを利用している人達が一定数存在する限り、民度の低さは解消されないでしょう。

民度の是正の何よりの解消法は、「ポケモンの厳選や努力値の廃止」や「ネット対戦を廃止」するしか方法はないと思います。

まあ、それは将来的に見ても実現しそうにありませんが・・・