ゲームを愛する人のブログ

気になったゲームや、その他のことについて書いていきます。

ゲームにまつわる怖い話4選!レトロゲームの都市伝説をメインに紹介するよ!

f:id:dryicecream:20191224130835j:plain

どのような時代にも、恐ろしい噂というものは存在します。

呪いのメール、電話番号、ラインのアカウント、都市伝説など形式を変えて人々の生活の中を飛び交っているようですが、皆さんがプレイされている、もしくはされていたであろうゲームの中には非常に恐ろしい話があることを御存じですか?

今回のブログでは、ゲームに関する恐ろしい話を紹介していきます。

f:id:dryicecream:20191224130601j:plain

古伝降霊術百物語~ほんとにあった怖い話~

このゲームは、1997年8月にハドソンから発売されたセガサターン対応のアドベンチャーゲームです。

PCエンジン専用ソフトとして発売された「百物語~ほんとにあった怖い話~」の続編として製作され、前作、今作共に怪談の語り手として有名な稲川淳二氏が監修を務めたという本格的なホラーゲームとなっています。

そんなこのゲームですが、遊んでいるだけで様々な怪奇現象を引き起こしてしまうと言われています。その1つの体験を紹介します。

ある日のこと、このゲームの怪奇現象に関わる不穏なウワサを聞いていた1人の男性が、中古で売られているこのゲームを興味本位で購入しました。

帰宅後早速プレイしてみようとゲームを取り出した時、本来ならばゲームに付属されているはずの「お札」が切り取られていることに気が付いたのですが「中古のゲームだし仕方ないよね」と特に気にすることなくゲームをプレイしました。

1話ずつ進めていき、100話目を終えた時のこと。

突然、家の電話が鳴り響きました。

時刻は深夜を回っており、こんな夜遅くにかけてくることに不信感を持った男性でしたが、恐る恐る受話器を手に取り耳に当てました。

「ゴメン・・・寝てた?」

電話口から聞こえて来たのは男性の恋人の声で、話を聞くとどうやら眠れなくて困っていたので話をしたくなったとのこと。

安堵した男性は暫く恋人との会話を楽しみましたが、突然恋人が声を潜めてこのように言いました。

「部屋に誰かいるの?」

 その言葉に怖くなった男性は何も聞き返せませんでしたが、後日恋人にその言葉の真意を問いただすと「電話口から女性の声が聞こえていた」とのこと。

恋人の話を聞いた男性は、すぐにこのゲームを中古店に持って行き売却しようとしたのですが「買い取りを断られてしまった」そうで、現在このゲームは男性の部屋の押入れの奥に封印しているそうです。

ちなみに百物語「良くないもの」を引き寄せてしまう術の1つとされており、男性がゲームを遊んだことによって知らず知らずのうちに「何か」を近づけてしまったのかもしれません。

ツナカユリコ

f:id:dryicecream:20191224130618j:plain

ツナカユリコは、2003年に発売された「平成の都市伝説」という本に掲載されていたゲームの都市伝説の1つです。

主人公の名前を変更出来るゲームで、主人公の名前を「ツナカユリコ」もしくは「ユリコ」にしてしまうと、ゲームがバグって動かなくなる、この名前でゲームを始めるとどこからか視線を感じる、原因不明の高熱を出すなどの不吉な現象が起こったと報告されており、その呪いの終わらせ方は明確には分かっていないとのこと。

この話がネット上で拡散されたのは2007年頃で、匿名掲示板2chでは「ツナカユリコ」に関する幾つかの報告がされています。

例えば、ペルソナ3というゲームの主人公の名前を「ツナカユリコ」にしてプレイしたところ、画面が何度もフリーズしただけでなく作成した覚えのないペルソナが手持ちに入っていたという怪奇現象が起こり、ナナシノゲエムというホラーゲームでは、この名前を付けて遊んだプレイヤーが高熱を出して病院に搬送されたそうです。

また、そのウワサを聞いた1人のユーザーがその名前でとあるゲームをプレイしていると以下のような現象が確認出来たとのことです。

  • フリーズして画面が崩壊する
  • タイトルに戻される
  • 視線を感じる
  • ゲーム画面に謎の顔が映り込むBGMに紛れてかなり小さな声で女性の声が聞こえる

このゲームのタイトルでは現在もそれらの怪奇現象が確認出来るそうですが、タイトル名およびその他の詳細については分かっておらず、かなり古い作品であるため現在は流通していないと言われています。

これらの不気味な報告から「ツナカユリコ」という名前には霊障があって不可思議な力が働いているのではないかと考えられています。




f:id:dryicecream:20191224130651j:plain

零は、コーエーテクモゲームズから発売されている日本のホラーゲームのシリーズの通称です。2001年に第一作である零zeroが発売されてから、2014年には新作である零濡鴉ノ巫女が発売されており、現在において6作品が発表されています。

本来、ホラーゲームを製作する前にはお祓いをすることが暗黙の了解となっているのですが、零シリーズ第一作品においてはお祓いをせずに作っていたようです。

開発に携わっていた柴田ディレクターによれば「お祓いしたら怖くないだろ?何かあったら役得だと思え!」と言い、お祓いをすることでゲームの楽しさである「怖さ」が消えてしまうと考えていたそうです。

そのせいもあってか製作会社では度々以下のような怪奇現象に見舞われていました。

  • 会社の蛍光灯が割れて落下してくる
  • スタッフのバッグに長い髪の毛が入っている
  • 録音中に「お兄ちゃん」と呼ぶ少女の声が録音されてしまう

このことに対して柴田ディレクターは喜んでいたのですが、このままではマズイと身の危険を感じたスタッフたちが、不本意な態度の柴田ディレクターを説得し、ゲームのヒット祈願を兼ねてということで無理やり連れてお祓いに行ったとのこと。

しかしお祓いをしてからというもの、体調不良を訴えるスタッフが続出しただけでなく、柴田ディレクターも具合が悪くなって寝込んでしまったようです。

さらには

  • 会社のPCが何度もフリーズする
  • スタッフの1人が何者かに髪の毛を引っ張られる
  • スタッフやディレクターの家の鏡に赤い影が映り込む
  • 声優を読んでアフレコをしている時、霊感の強い声優の1人が「誰かがドアを叩いている」「部屋を歩き回っている」と震え出す

などのような怪奇現象が多発したとのことです。

お祓いをした時よりも状況は悪化しているとのことで、その会社では今も怪奇現象が絶えずゲームの開発に携わっていたスタッフたちは今も不可解な現象に悩まされ続けているそうです。

ポケモンブラックバージョン

f:id:dryicecream:20191224130703j:plain

ポケモンブラックバージョンは、初代ポケモンである「赤・緑・青・ピカチュウ」とは異なる非公式のゲームソフトです。

アメリカのポケモンユーザーがフリーマーケットで購入したソフトなのですが、カートリッジは真っ黒で、白い文字で「Pokémon」とだけ書かれていたそうです。

ストーリーやグラフィック、登場するポケモン自体は公式の初代ポケモンと変わらないのですが、妙な点として最初に選ぶポケモンの数が4匹と、1匹だけ多くなっていることが挙げられます。

その1匹というのが「ゴースト」で、シオンタウンに出て来るあの幽霊がモンスターボールに入っているのです。

初期レベルは1で覚えている技は「呪い」のみですが、どのようなポケモンであっても「怖くて攻撃出来ない」というメッセージが表示されてゴーストを攻撃することが出来ず、さらにゴーストの呪いを受けたポケモンは無条件に体力をゼロにされて画面から消えてしまいます。

トレーナーのポケモンの所有数を示すモンスターボールのマークも同時に消滅してしまうことから、呪いによってポケモンの命は奪われてしまったと言えます。

また、そのトレーナーの命も「呪い」で奪われてしまうそうで、亡くなったトレーナーの立っていた場所には墓が出来ようです。

ジムリーダー、四天王、チャンピオンなどを倒してエンディングを迎えた後のこと。

「そして時は経ち」と表示され、場面は墓場の密集地に映ります。

そこには1人の老人が立っています。

ポケモンを一匹も持たないその老人は、今まで操作していた主人公の歩行速度の半分程度で歩き、どこに行ってもシオンタウンのBGMが半分以下の速度で流れ続け、辺りにはゴーストの呪いによって亡くなったポケモンやトレーナー達の姿が現れては消えるという演出が繰り返されます。

このことから、この老人はかつての主人公の年老いた姿であると言われています。

何とか老人が自宅に戻ると、そこで待っていたのはかつて主人公の手持ちにいた「ゴースト」で、今度は老人の命さえも奪いに襲い掛かってきます。

戦う手段のない老人が出来ることと言えば「もがく」ことのみ。少しずつ体力を削られていき、最後は「呪い」を発動され、画面が真っ暗になってゲームが終わってしまうそうです。

再びゲームを起動すると以前のセーブデータは消滅していることから、ポケモンブラックバージョンのストーリーは老人、即ち主人公が亡くなると共に幕を閉じたと言えるでしょう。

最後に

以上が、ゲームの怖い4選でした。

自ら呪いにかかったり祟られたりはしたくはありませんが、こういった話を読むことは面白いですし興味深いです。

またいつか、このような話を仕入れたらブログにおいて紹介していきますのでよろしくお願いします。

提供元:キリン【考察系youTuber】https://youtu.be/xnKE-YE6bD0