ゲームメインのサブカル総括ログ

気になったゲームや、その他のことについて書いていきます。

【魔女の家MV】ネタバレ注意!extraモードのエンディングと変更点について解説するよ!

f:id:dryicecream:20190704102735j:plain

このブログでは、魔女の家MVにおけるエンディングなどについて解説していきます。ネタバレを含むため、お読みになる際は注意してくださいね。

各種エンディングの解説

魔女の家MVには、全部で5つのエンディングが用意されています。

  • 1つは、そのまま脱出する
  • 2つは、ナイフを取って脱出する
  • 3つは、ノーセーブでクリアする
  • 4つは、魔女の家にいかずに、1時間程度放置する
  • 5つは、EXTRAモードを選択かつ、ナイフを取ってから脱出する

です。

以下より、各種エンディングについて解説します。


1つ目のエンディング

通常通りプレイし、脱出することで見ることが出来ます。

しかし、ここでは一切の謎が解説することなく、画面にも

f:id:dryicecream:20190704104515j:plain

END?と表記されています。これはあくまでノーマルエンドであり、真実もといトゥルーエンドではないということです。


2つ目のエンディング

これがトゥルーエンドです。少女に追いかけられている途中で、【エレンズナイフ】と呼ばれるアイテムを拾って脱出することで見ることが出来ます。

f:id:dryicecream:20190704102753j:plain

脱出後、プレイヤーが操作していた少女が真実を語りだします。

f:id:dryicecream:20190704104536j:plain

ヴィオラと表記されていた金髪の少女には、魔女の魂が入っており、追いかけてきた赤いリボンの少女にはヴィオラの魂が入っていたということです。

つまり、今までプレイヤーが操作していたキャラクターは、魔女であることが発覚します。魔女の魂がヴィオラの肉体に入っていて、ヴィオラの魂は満身創痍な魔女の肉体に入っているということです。

f:id:dryicecream:20190704104836j:plain

リボンの少女に向かって、【魔女】がこのように言ったことで明らかになります。魔女の魔法でお互いの魂を入れ替えたとのことです。

なお魔法についてですが、小説以外にもゲーム内でヒントが用意されています。

f:id:dryicecream:20190704104629j:plain

魔女の部屋の本棚を調べたところ、魔法についての本が入っていることが確認出来ました。魔女は、日頃から魔法に触れていたということでしょう。



3つ目のエンディング

最後の追いかけっこの直前を除いて、1度もセーブせずに進むことが条件です。

これによって分かってくるのが、プレイヤーが操作している主人公(ヴィオラと表示されている少女)の正体についてです。

最後の部屋の前に、黒猫が待ち構えています。

話かけると、黒猫は、彼女(主人公)のことを知っているかのように語りだします。

f:id:dryicecream:20190703204123j:plain

家が導いてくれていたとのことです。この家は常に魔女の味方であり、主人公もとい魔女が命を落とさないように出口まで案内してくれていたと言います。

そして...

f:id:dryicecream:20190703204422j:plain

黒猫の表示が悪魔に変化し、主人公のことを魔女エレンと呼びました。ここで、これまで操作していた主人公の名前が【エレン】であることが判明します。

2つ目のエンディングを見るために拾った【エレンズナイフ】とは、エレンのナイフということです。

なお、悪魔と表記されているのは、文字通り黒猫の正体が悪魔だったからです。魔女が×した人間の魂を食べて、その報酬として魔女に魔法を与えるという存在であるといった内容が、小説に書かれていました。

なお、EXTRAモードをノーセーブでプレイしても黒猫のセリフに変化はありません。

エンディングも同様です。ナイフを取るか取らないかで分岐します。

ちなみにこのエンディングを見るためのヒントとして、2番目のヴィオラ(エレン)のセリフがあります。

「ずっと家が案内してくれたのだから、私が◯ぬわけがない」

この言葉が3番目のエンディングを迎えるための手掛かりになるのですが、まあ大抵気がつきませんよね。


4つ目のエンディング

このエンディングは、何もせずに外で1時間待っていることで迎えることが出来ます。

1時間後、出口を塞いでいたバラが消えてなくなり、そのまま歩いて帰るという呆気ないエンディングです。

これについては、ヴィオラ(エレン)の肉体が1時間しか持たないからであると言われています。

にも関わらず家に入っていったのは、ヴィオラの肉体に入っているエレンの情けでもあり、エレンの肉体に入ったヴィオラの絶望した顔を見たいがためだったと解釈出来ます。




魔女の家MVの変更点について

5つ目のエンディングの解説に入る前に、まずはEXTRAモードの違いについて解説します。

この追加されたモードこそが、オリジナル版との大きな違いであり、魔女の家MVの変更点でもあります。

f:id:dryicecream:20190704102815j:plain

新しい仕掛けの他に、魔女エレンの秘密および物語を知ることが出来ます。例えば、途中で読める魔女の日記の内容の変化や、エレンの過去に迫る内容が追加されています。

魔女の家MVの仕掛けについて

仕掛けで言えば、手に入れるアイテムの種類やパズルの内容に僅かな、もしくは大きな変化があります。

例えば、赤い骸骨が出現するタイミングが違っていたり、オタマジャクシに話しかけた途端に×されたりと、初見×しが大量に用意されています。

また、テディベアの追いかけてくる速度や距離、【読むと〇ぬ本】を入れる本棚の位置なども変更されています。

真っ直ぐ進まなければ落石で潰される通路では、その仕掛けの代わりに、当たるとゲームオーバーになる本物のナイフが飛んできたりと、ここでは書ききれないような変更点が多く存在します。

白、赤、黄色の花々は擬人化されており、白い花を×すための方法も違ってきます(毒液をかけて×します)

さらに、MV限定の仕掛けの1つとして、各所に配置されたドールの頭があります。それぞれ頭髪の色が異なり、両目がありません。

f:id:dryicecream:20190711134223j:plain

ピアノの横に飾られている頭がまさにそうです。このような頭が様々な場所にあるため、それぞれに合う瞳を入れる必要があります。

1つだけ答えを言います。ピアノの部屋の本棚にあるヒントに書かれている金髪の女(緑の瞳)というのは、鏡に映ったヴィオラ(エレン)のことです。オルゴールの置いてある部屋の、鏡に映った自分の姿を正面にして、緑の瞳を当てることで上手く行きます。

また、カエルが蛇に食われた部屋の壁の奥の通路には、ピアノに演奏をさせるために使う【五線譜】があります。特定のイベントをこなした後に、通路に入れるようになります。

ただし、拾ったあとは蛇に追いかけられるので逃げてください。

その後、演奏を聞いている透明な何かがうっすらと映ったら、それに話しかけましょう。瞳を貰えます。

なお、所々に貼られている壁の注意書きの一部が掠れてしまっているせいで読めない点も、MVならではの変更点です。

【シンメトリーに...】【クモは...】などのように、ヒントの内容が最後まで書かれておらず、プレイヤーを惑わせてきます。

日記について

f:id:dryicecream:20190711132919p:plain

f:id:dryicecream:20190711132937p:plain

日記の内容が、このように変化しています。×××という欄には、【エレン】という名詞が入ります。エレンが魔女になるまでの物語です。

エレンは母親が好きだったけれど、いつからか母親はエレンを愛さなくなった、といった内容です。

その後、落石の代わりにナイフが飛んでくる通路の横の本棚や日記を調べると、このように書かれています。

f:id:dryicecream:20190711135440p:plain

日記には、エレンが自分の母親と父親を×したことが書かれています。

このことについて、小説版では以下のように説明しています。

母親が自分のこと(エレン)を愛していないことに絶望して、エレン自らがナイフで手にかけたこともそうですが、父親からの愛を独り占めしていることに嫉妬し、結果として✖しました。

自分のことを捨てようとした母に対して「あの女」と呼ぶようになります。×した後は、彼女の遺体を見て「気持ち悪い」と思うようにもなります。

そして父親は、自分の妻のことを見るばかりで最後までエレンを相手にすることがありませんでした。

母親を✖したことで、エレンがようやく父親に相手にしてもらえると思えば、目線さえ合わせてもらえません。

絶望したエレンは、父親もナイフで✖します。

f:id:dryicecream:20190711135528j:plain

黒猫の傍の日記には、エレンがヴィオラと入れ替わる直前についてのことが書かれていました。【変わってあげたらいいのに】という言葉を聞き、アナタ(ヴィオラのこと)を×したくなったというエレンの怒りが書かれています。


f:id:dryicecream:20190711135732p:plain

そして、その後ろの本棚には、魔女と悪魔について書かれていました。以下より内容を大まかに書きます。

魔女は悪魔と契約した人間のことを言い、悪魔のために人間の魂を捧げることを仕事としている。

悪魔は人を×せない。だから、魔女に×してもらう。悪魔は〇んだ人間の魂を食べて、その成果に応じて魔女に魔法を与える。

2人の体を入れ替える魔法というのは、悪魔がエレンに与えた魔法であることが分かります。

なお、「魔女の家」は、父親と母親の魂との引き換えに、悪魔がエレンに与えた家です。

なので、入れ替わる魔法を手にするために、エレンは大勢の人間を×して悪魔に魂を献上していました。

何百年という時間をかけて大量に。

魔女の家MVの最大の変更点について

f:id:dryicecream:20190704112042j:plain

瞳のパズルを解いた後に入れるこの部屋です。EXTRAモードを選択した場合にのみ内部が変化します(ノーマルやイージーだと、なぞなぞを解いたり柱時計にネジを入れたりする部屋)

ここでは、魔女エレンが魔女になる前の話や、魔女の家というゲームの始まりに至るまでの物語における問答がされます。

f:id:dryicecream:20190704112113j:plain

...を捨てようとしたのは?

...を愛していたのは?

...が✕したのは?

...をここに連れてきたのは?

お前に問いかけている私は誰だ?

などと言った質問を続けざまにされます。エレンの境遇を再認識すると共に、彼女の秘密に迫る内容です。これらの質問を通して、エレンという少女の生い立ちや背景を知ることが出来ます。

いわゆる、隠し要素の1つです。

これらの問いは【小説版魔女の家に沿った内容】が中心となっています。ゲーム内にもヒントはありますが、小説を読んでおかなければ、正しい答えを導き出すことは難しいでしょう。

なので、1つだけ答えを書いておきます。

エレンに語り掛けているのは「魔女の家」です。家の意志が、エレンに問いを投げかけています。

EXTRAモードのエンディング

EXTRAモードを選択しつつ、なおかつ【エレンズナイフ】を取って脱出することで見ることが出来ます。

基本は2番目のエンディングと変わらないのですが、エレンのセリフが追加されています。

f:id:dryicecream:20190704094908j:plain

規約上モザイクをかけてます。すみません...

とにかくこれで分かることは、エレンはヴィオラのことが大嫌いで、強い×意を持っていたことです。そこには、体を入れ替わるきっかけを作ってくれた感謝の気持ちなどなく、単純な憎しみが現れていました。

その後、ヴィオラは2番目のEDと同様に2つの弾丸を受けて、エレン(ヴィオラ)とお父さんはその場から立ち去ります。

去り際に、エレンはこのようなことを言いました。

ああそっか。お父さんに気付いてもらえなくて、それでようやく絶望出来たんだね。

この世界における魔女という存在が〇ぬためには、絶望すること以外に方法がありません。魔女の体は弾丸を受けてもすぐに修復されますが、絶望した時についたの傷は永久に癒えることなく、果てには〇に至らしめます。

ボロボロの肉体を引きずっていたヴィオラは、実のお父さんに拒絶されたという絶望を感じ、そこで息絶えてしまったということです。

最後のシーンにて黒猫(悪魔)が近づいてきますが、あれは肉体から離れたヴィオラの魂を食べるためだと思われます。

悪魔は人の魂を食べる存在と説明されています。一時的とは言え、魔女になったヴィオラも例外ではないということです。

ヴィオラが消えて黒猫が消える。魂を食べ終えた黒猫は、きっと新たな魔女を探しに行ったのでしょうね。

魔女の病気と肉体について

魔女になる前のエレンは、生まれながら皮膚と足に病気を患っていました。

顔の皮膚が爛れて足は関節に異常があるので、歩く度に痛む。原因は不明。

そのせいで、非常に苦しい思いをしていました。後に、誰からも愛されない理由は、この病気のせいだと気付きます。

黒猫に唆され、魔女になったものの病気は治らない。けれどある時、大量の魂と引き換えに病気を治す魔法を教えてやると悪魔が提案してきます。

愛されたい。

その一心で、エレンは沢山の人を魔女の家に誘い込んで×し、悪魔に魂を捧げ続けます。

結果、エレンが手に入れた魔法こそが、お互いの体を入れ替えるという魔法です。病気でボロボロの肉体を誰かに押し付けて、自分は健康な体を手に入れるという魔法です。

魔女の家は、その後の話になります。

魔女の肉体について

エレンを追いかけてきた魔女(ヴィオラ)。

その体はボロボロで、見るに堪えない姿でした。

元々こうなってしまったのかと言えば、決してそうではありません。病気で体は酷い有様でしたが、目は見えていましたし、足もちゃんと付いていました。

ですが、エレンを追いかけてきた魔女(ヴィオラ)の体を見ると、眼窩に埋め込まれているはずの眼球はどこにもなくて両足も取れていました。

原因は、ヴィオラと魂を入れ替える前にしたエレンの行動にあります。

小説版魔女の家によると、エレンは、自分の両目や両足を自ら取ったそうです。

その理由は、きちんとヴィオラに絶望してもらえるようにするためとのこと。

魔女は絶望することで〇ぬことが出来ます。かつての自分の醜い体に宿るヴィオラの魂が、絶望してこの世から消えてくれることで、健康な肉体と愛してもらえる存在を手に入れたエレンは、愛に溢れた人生を楽しく送れる。

魔女であるエレン肉体には愛されなかった人生が詰まっています。それを抹消することで、晴々と新たな人生を謳歌できると考えたのでしょう。

私は 嫌い
愛されているくせに それを知らない女が

私は 憎い
愛されているくせに それを受け入れない女が

ふみー『魔女の家 エレンの日記』株式会社KADOKAWA 2013年 263頁

小説にもこのように書かれていました。「女」というのはヴィオラのことです。憎しみは壮絶だったということでしょう。

またエレンは、入れ替わった後のヴィオラに声を出させないために、痛み止めと称して喉を焼く薬も飲ませています。エレン曰く、自分の叫び声なんて聞きたくなかったからだそうです。

ゲーム本編にて、エレンを追いかける前や父親に助けを乞う時のセリフが非常に不鮮明でしたが、これは喉を焼かれたせいで発音がままならなかったからです。

牢獄について

魔女の家の中にある、不気味で暗い牢獄の中には、母親と父親の魂がそれぞれ閉じ込められています。

パイプと、粉末のあれを求めてきた声が父親で、そのもう片方には母親がいます。

小説版には、父親が現実逃避のためにあの薬に手を出すという描写があります。姿こそ見ていませんが、薬を飲んで気を紛らわせていたことはエレンも知っています。

アレがないと吸えないという言葉を聞いただけで、パイプという特定のアイテムを渡せたのは、エレンは彼が何を求めていたのかを知っていたということです。

もう片方の牢獄についてです。

この中には、本がありました。

薬×依存症

病気を持つ子の親へ

薬×依存は父親のことですし、病気を子というのはエレンに該当します。

2人を助けてあげたいと常々考えていたために、それらが牢獄に残されていたと思われます。

そして赤い靴。

赤い靴は、エレンを見捨てる際に母親が履いていたもので、エレンにとっては裏切りの象徴です。

なので、赤い靴を身に付けるということは、エレンの体に「過去のトラウマ」を思い出させて◯に至らしめるほどの深い傷を負わせることになります。

そのまま履くことは出来ないので清らかな水で清める、即ちトラウマを洗い流す必要があったという訳です。

では、何故父親と母親の魂があるのか?

小説には、悪魔が食べた魂の食べこぼしが、魔女の家の中のギミックになると書いてありました。

つまり、母親と父親は残骸として魔女の家の中に残ったのでしょう。




可愛い小瓶について

出口を塞いでいるバラを溶かすための道具として登場します。

この可愛い小瓶とは、魔女にとっての絶望の象徴であり、エレンが母親に愛されなかったという証明であると小説に記載されていました。絶望することは、魔女の〇と同時に魔法を解くための方法ともなっています。

その匂いを嗅いだせいで、魔女エレンの心には傷が付き、床に伏すようになります。

出口のバラは、魔女の魔法によって張り巡らされたものです。なので、絶望の象徴たる小瓶の中身をかけることで、魔法が溶けて進めるようになったということです。

カエルについて

印象深いカエルですが、何故か小説でもほとんど語られておらず、仕掛けを解くための単なる道具でしかありません。

エピソードもなければ、エレンやヴィオラとの関係も確認出来ません。

ただ分かることと言えば、カエルは魔女の家に食べられた元人間であるということです。小説の終盤にてそのような記述があります。

悪魔に食べられた魂は、魔女の家の中で何らかの形として残ることがあります。ある1人の人間の魂は、たまたまカエルという形に変化して家の中に残ったということでしょう。

なお、先に進むためにはカエルがヘビの犠牲になることは免れないようです。

エクストラでは、カエルのぬいぐるみを代用しようとしますが、結局上手くいかないために本物のカエルを使用することになります。

つまり、カエルの生存ルートは存在しません(´ω`)

小ネタについて

僕が遊んだ時に見つけた、小ネタ・隠し要素をご紹介します。

1つは、カエルについてです。

カエルを犠牲にしたあと、ヘビの部屋を通過したら、すぐに後ろの扉に入ってください。

・・・非常に生々しい光景が飛び込んできます。

3つは、赤い靴です。

1度そのまま履いてゲームオーバーになったら、すぐにリスタートして、靴を履けと書いてあった壁を調べてみてください。文章の内容が変化しています。

4つは、黒猫です。

魔女の部屋の前に横たわっている黒猫を、何度も踏みつける様に行き来してみてください。すると、黒猫に少しずつ変化が生じます。

5つは、燭台です。

EXTRAモード限定の要素です。

黄色のバラ達がいる部屋の左端にある燭台を持ち出そうとすると、バラの1人(1輪)が【それに触るな】といった旨のセリフを投げかけてきます。

1度目、2度目と同じ動作を繰り返すたびにバラのセリフが変化していき、何度か続けると、打ち首という非常に惨い方法で✖してきます。途中で辞めれば✖されることはありません。

また、水をかけて蝋燭の火を消すと、上記と同様の方法でいきなり✖してきます。

なので、EXTRAモードにおいては燭台を持ち出すことは不可能です。

ヴィオラ生存ルートについて

Googleの予測検索において、ヴィオラが助かるだとか生存するといったキーワードが見受けられました。

彼女は助かってほしいという皆さんの温情が反映されているのでしょう。確かに可愛ですものね。

しかし、そんな可能性はどこにもありません。いかなるルートを選んだとしてもヴィオラは助かりません。

実の父親に化け物呼ばわりされ、弾丸を撃ち込まれ、絶望しながら◯に絶えて、悪魔に魂を食われてこの世から消え去るだけです。

家の仕掛けに×されたり、最後のおいかけっこでわざとヴィオラに捕まったりしてもヴィオラは助からないでしょう。

何故なら、エレンの体が仕掛けに潰された後に魂が元の肉体に戻ったとして、生命活動が停止している体は動くわけがありません。壁に押し潰されたり針串刺しになったり毒沼で溶かされたりした体に魂が戻ったとして、これなら生きていけるわけがないです。

また、最後の追いかけっこにおいてヴィオラに捕まった場合、エレンは恐らく◯を選ぶでしょう。

エレンは、魔女になってからというものさんざんな目に遭わされてきましたし、どのように脅迫されたとしても今さらズタボロの魔女の肉体に戻る訳がありません。もはや逃げられないと悟ったならば、素直に命を絶つと思います。例えば、自分の首を絞めるなりして。

つまり、どのような場合であってもヴィオラは助かりませんし生存ルートなんて存在しません。

最後に

以上が、魔女の家MVの変更点とエンディング解説、ネタバレについてでした。

https://store.steampowered.com/app/885810/The_Witchs_House_MV/

このリンクからダウンロード出来ます。もう1度やりたいという方や、興味を持たれた方はどうぞ(¯ω¯)