ゲーム解説ブログ

ゲームを愛する人のブログ

気になったゲームや、その他のことについて書いていきます。

【ポケモン剣盾】メガシンカおよびz技の廃止と互換切りについて

f:id:dryicecream:20190615151245j:plain

新作ポケモンの発売日が待ち望まれています。早く新たなフィールドで新たなポケモンと共に旅をしたいと心を踊ろらせていることでしょう。

新要素にも期待できますが、中には残念とも言える知らせが公式により発表されました。

なんと今回のポケモンでは、タイトルの通り【メガシンカ】と【z技】が廃止されることが決まったのです。

というのも、ポケモンXYで追加されたメガシンカと、サンムーンの要素であるz技は、新作である【ポケモン剣盾】では使えなくなるとのこと。

↓↓↓
https://nlab-itmedia-co-jp.cdn.ampproject.org/v/s/nlab.itmedia.co.jp/nl/amp/1906/13/news128.html?amp_js_v=a2&_gsa=1&usqp=mq331AQA#referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com&_tf=%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B9%3A%20%251%24s&share=https%3A%2F%2Fnlab.itmedia.co.jp%2Fnl%2Farticles%2F1906%2F13%2Fnews128.html

どうやら、対戦環境のバランス調整が難しくなったために廃止をせざるを得なくなったらしいです。公式から発表されたということは事実と考えて問題ないです。




メガシンカについて

メガシンカによって種族値が底上げされたり、z技によって技の威力が大幅に向上するといった要素に対応しきれなくなったということでしょう。

そもそも、メガシンカがあるせいで、使われるポケモンが限られていた事実があります。

ガルーラ、ゲンガー、ボーマンダ。ウルトラサンムーンのレーティングバトルにて見かけない日の方が珍しいです。ただ、メガシンカが廃止されるために、新作では多少は使われるポケモンにもバラつきが出ることが予想されます。

ガブリアスやオニゴーリなどの、メガシンカをしなくても強いポケモンであれば問題なく使われそうですが、クチートやガルーラと言った、メガシンカの恩恵をふんだんに受けているポケモンは、恐らく対戦では使われなくなるでしょうね。

かつて使われていたポケモンが使われなくなるでしょうが、メガシンカという特別待遇が無くなることで、様々なポケモンが活躍できる場が出来たという点は非常に前向きな情報と言えます。

z技について

この仕様のお陰で強く立ち回れたポケモンと言えば、ミミッキュやジャラランガのような専用のz技を持っているポケモンなどでしょう。

また、オーバーヒート、はかいこうせん、ソーラービーム、ハイドロカノンなどの、リスクのある技をz技に乗せることでノーリスクかつハイリターンな技を1度だけ放てるというメリットもありました。

ポリゴンZのはかいこうせん(ノーマルz)や、ヒートロトムのオーバーヒート(ほのおz)のような感じです。

しかし、新作では廃止されるとのことで、専用のz技を持つポケモンや、恩恵を受けているポケモンは実質弱体化したということでしょう。

z技の廃止も英断だと思います。

この技の異様に長い演出があるおかげで対戦のテンポが遅れます。

元々ポケモンの戦闘自体のテンポは早くはありません。それなのに、zワザのおかげで長い演出を見せられるために退屈です。

これが相手にとって有効なダメージになればまだしも、ドラゴンzを後出しのフェアリータイプで受けられたら、それこそ時間の無駄と言えます。

無意味なダンスを見せられるというのは滑稽でしかありません。ポケモンバトルをやりに来たというのに、なぜ赤の他人のダンスの見物をさせられるのか意味がわかりません。

それに、zワザはプレイヤーの精神衛生上良くないです。

僕個人の話ですが、相手のジャラランガzをこちらの手持ちのカプテテフで受け出しが成功した途端、電源を落とされたりします。

最高で5回されました。頭にきますよ!

ともかく、zワザの廃止は、ユーザーに配慮した最高の判断だと言うことです。




総評

これらについては賛否両論あるでしょうが、僕的には良い判断だと思います。

あまりにもシステムを詰めすぎると、ポケモンというゲームが複雑になりすぎて意味がわからなくなるでしょうし、これから新しくポケモンを始めるユーザーに警戒心を持たれることも無くなります。

メガシンカ、z技、新作の新たな要素など、ゴチャゴチャしているとプレイしているうちに嫌になってきます。

なので、分かりやすさを重視するという意味で、これまでの要素を入れないという判断は良いと僕は考えます。

それに、メガシンカはともかくz技の評判はあまり良くなかったらしいです。不評な要素を取り除く良い機会でしょう。

互換切りについて

新作ポケモン剣盾の互換切りについて、ネット中で議論されています。

過去作のポケモンを連れて来れる数に制限がかかり、現在においては、「ガラル図鑑」にのみ登録される過去作のポケモンだけを新作に連れて行けるという仕様のようです。

これも、ポケモンのモデリングが間に合わないという理由とのこと。

1000種類をこえるポケモンを、全て1から作り直すというのは非常に大変で、とても発売日には待に合わないらしいです。

さらには、対戦においてバランスを調整することも非常に困難になったことも理由として挙げられています。

なので、苦渋の選択ではあるけれど、連れてこれるポケモンを制限したと言います。

これに対して、自分のお気に入りのポケモンを連れてこれなくなるかもしれないという事実に焦ったのか、様々な人達から批判が相次いでいるそうです。

ただ、これは互換切りではないと僕は思います。

https://qacr57zc52r6udzp4uzt7aorrkjub3qdvvymhbpedr5dccastdja.cdn.ampproject.org/v/s/pk-mn.com/n/pokemon-sword-shield-gokangiri-gase/amp/?amp_js_v=a2&_gsa=1&usqp=mq331AQA#referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com&_tf=%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B9%3A%20%251%24s&share=https%3A%2F%2Fpk-mn.com%2Fn%2Fpokemon-sword-shield-gokangiri-gase%2F

上のリンクを見てもらえば分かる通り、今は制限があるけれど、今後のアップデート次第では徐々に連れて来れるポケモンの数が増えていくかもしれないということです。

作業が難航しているだけであり、アナタのお気に入りのポケモンは絶対に登場しないということではありません。

そのうち、全てのポケモンが剣盾に登場すると思います。モデルも次々と作成されて、バランスも調整されて、すぐに全部のポケモンが剣盾に登場するでしょう。

要するに、今回の話は互換切りではないです。待ってさえいれば、いずれは全てのポケモンを使えるようになるかもしれません。




最後に

新作のポケモンが発売されるにあたり、これまで存在した要素が消えるというの変更点があります。

ですが、それを感じさせなくなるような作品になると僕は信じています。

発売日が楽しみですね。今から心待ちにしましょう(´ω`)