ゲーム解説ブログ

ゲームを愛する人のブログ

気になったゲームや、その他のことについて書いていきます。

【スマブラSP】シールドに関する3つのテクニックについて書くよ!

f:id:dryicecream:20190412145935j:plain

このブログでは、スマブラSPにおけるガードキャンセル(シールドキャンセル)、ジャストガード(ジャストシールド)、シールドシフトのやり方について紹介していきます。




ガードキャンセルとは?

ガードキャンセル(シールドキャンセル)とは、シールド解除後の硬直をほぼゼロにして別の行動に繋げるテクニックのことです。

例えば、ガードキャンセル→上スマッシュなどの流れをリスクを低くして実現出来るというわけです。

相手の攻撃を防いだ直後に行動できるため、反撃する方法として使い勝手のいいテクニックです。




ガードキャンセルのやり方は?

ガードキャンセル(シールドキャンセル)のやり方は非常に簡単です。

シールドを張った状態(シールドボタンを押しっぱなし)で特定の入力をする

ただこれだけです。

練習もいりません。ガードキャンセルは、指定のボタンを押すだけで形になります。

特定の入力とは、ジャンプ、空N、上B、上スマッシュ、掴みのことです。これらがガードキャンセルに対応していて、それ以外の技や行動には対応していません。

ガードキャンセルは、相手の攻撃後のスキを突いたりと使う場面が多く存在します。

このテクニックを使えるかどうかで、大きく勝敗が分けられます。

シールド解除後の上スマッシュと、シールドキャンセル上スマッシュの発生速度の差は僅かです。意識しなければ、その発生の違いが分からない程です。

ですが、その差によって相手にガードをされるか当てられるかどうかが変わってきます。それがスマブラというゲームです。

ジャストガードについて

ジャストガード(ジャストシールド)とは、攻撃が当たる瞬間にシールドを解除するテクニックです。

通常、攻撃をシールドで受けるとシールドが削れます。

ところが、ジャストガードを決めるとシールドが一切削られることなく、しかも即座に動くことが出来ます。

オンラインに蔓延しているバッタ戦法を取る剣士にも有効です。ぜひ覚えてください。

やり方は?

張っているシールドに、相手の攻撃が触れる直前にシールドボタンを離すだけです。

タイミングは非常にシビアで、失敗すると攻撃を受けたり、通常のシールドと同じ効果になってしまいます。

練習方法について

トレーニングモードを活用してください。相手のスマッシュ攻撃に対してジャストガードを決めるよう練習しているうちに、次第にやり方が分かってくるはずです。

投稿者は、攻撃に対して気持ち早めにシールドボタンを離しています。何度も練習すれば、必ず出来るようになるはずです。





シールドシフトについて

シールドシフトとは、展開しているシールドの向きを変えるテクニックのことです。

シールドボタンを2つ同時に押した状態で、移動スティックを傾けると、その傾けた方向にシールドがシフトします。

使い道は?

このテクニックは、小さくなったシールドで相手の攻撃を防ぎ切るために使います。

シールドは、攻撃を当てられ続けると徐々に小さくなっていきます。

そうすると、相手の攻撃によっては防ぎ切れずにそのままダメージを受けてしまうことがあります。

小さいシールドで攻撃を防ぐテクニックとして、シールドシフトを使います。

相手の攻撃方向にシールドを動かしておくと、確実に攻撃を凌げます。クッパやリザードンのNBのような、連続ヒットする攻撃に対して特に有効です。

ただし、シールドを連続で使い続けると、最後には破裂してしまいます。破裂すると、そのファイターは暫く動けなくなるので注意が必要です。

まとめ

ガードキャンセル(シールドキャンセル)は簡単にできる。対応しているコマンドは【ジャンプ、空N、上B、上スマッシュ、掴み】のみ

ジャストガード(ジャストシールド)は難しい。シールドが触れる瞬間にボタンを離すことで出来るが、タイミングはシビア

シールドシフトを使えば、小さなシールドでも相手の攻撃を確実に防げる

最後に

以上が、スマブラSPにおけるシールドに関わる解説でした。

これらをマスターして、オンラインで有利に立ち回りましょう。