ゲーム解説ブログ

ゲームを愛する人のブログ

気になったゲームや、その他のことについて書いていきます。

【とびだせどうぶつの森】村作りの基本!地形の選び方などを解説するよ!

このブログでは、とびだせどうぶつの森における地形の選び方や、厳選出来る要素について解説していきます。

 


地形は全部で39種類!

とびだせどうぶつの森では、序盤に村の地形を選ぶことが出来ます。

その数は39種類もあると言われています。

自由に選択出来れば良いのですが、地形は全てランダムで選ばれます。

村に行く前に、こちらに語りかけてくる「みしらぬネコ」が、村の幾つかの地形を見せてくれます。1度で4パターンだっけかな...それを提示してくれるので、脳内で思い浮かべている目当ての地形と照らし合わせて確認してください。

その中に自分の理想があれば良いのですが、39パターンもあるために、その中の1つを引き当てることは難しいです。見せてくれた地形が気に入らなければ、即刻電源を落としてリセットしましょう。

そのあとは同じ作業を繰り返して、理想とする地形を引き当てるまで粘ります。

非常にめんどうとは言え、地形は後で変えられないのでリセットを繰り返して頑張る必要があります。

頑張りましょう...笑

どんな地形が理想なのか?

理想とする地形は人によって異なりますが、たくさんの人から好まれている地形があります。

そのうちの1つを紹介します。


川の形がU字

f:id:dryicecream:20190315232739j:plain

画像のように、U字の川が土地を分けているような形が多くの人にとっての理想とされています。

川の形がほぼシンメトリーであるため、思い描いた村を作りやすくなります。

迷っているのであれば、この地形にしておけば間違いありません。

他の地形をご覧になりたい方は以下の動画からどうぞ。
↓↓↓
https://youtu.be/8uTYTmHnmcM

住民の家について

初期から住んでいる住民の家は、密集している程村作り的に考えて理想的と言えます。

道の舗装や公共事業を行う時に、途中で家があると邪魔になります。

マイデザインを使用することで、あとから引っ越してくる住民の家の位置をコントロールすることも可能ですが、非常に手間がかかります。予め密集しておいてくれた方が、時間をかけずに済みます。

また、住民の邪魔な家をどかすためには、その家に住んでいる住民に引越しをしてもらうしかありません。

その住民に軽い嫌がらせをして好感度を下げつつ、それ以外の全ての住民に積極的に話しかけたり、手紙を送って好感度を上げることで、引越してもらいやすくなります。

心が痛むかもしれませんが、村作りのためには多少の犠牲は致し方ありません。

広場の位置は村の真ん中がいい

広場は、村長になった主人公が木を植える場所を指します。

出来るだけ真ん中にあったほうが、村として見栄えが良いです。

地形と同じく途中から変えられないため、厳選しましょう。

役場は線路に近いほうがいい

役場の裏の隙間は、出来る限り少ない方が良いです。

何故なら、カメラの関係上整備しにくいからです。

整備しにくい上に見にくく、だからと言って手付かずだと妙に浮いてしまいます。

こういった理由から、役場の裏側はできるだけ空いていないほうが良いと言えます。

役場のすぐ後ろは、線路であることが理想です。



Rパーカーズの位置にも気をつけよう

とび森からの新要素であるRパーカーズ。

つぶきち&まめきちの店や、博物館のように線路から奥にあるのではなく、何故か村の中に建っています。

この店の位置は人の好みによって別れますが、自分の作りたい村に合わせて厳選してみてください。

また、村の景観を損なうような場所に建設されていた場合には、即座にリセットボタンを押すことを推奨します。

池の数は出来るだけ少ないほうがいい

池も、途中から変えることの出来ない要素です。埋めたり、消すことは出来ません。

あまりボコボコと池があると、使える土地に限りが出てきます。

池の数は、1つもしくは2つ程度であることが理想です。

しかし、沢山の池を使って村を作りたいのであれば、池の配置や数にも注意する必要があります。池は、消すことも増やすことも出来ません。

思い描いている村と、提示された村を照らし合わせて、池の数を選択してください。

岩の位置にも注意が必要

岩は、どのような村にも一定数存在します。途中で増やすことも退かすことも不可能です。

岩の位置によっては、景観を損なう恐れがあったりします。例えば、花畑の中に岩があったら違和感しかありませんよね?

マップでは、岩の数や位置を確認することは出来ないため、自分の足で見に行く必要があります。

池同様に、途中で変えることが出来ない要素です。村の端の方にでもあれば村作りが容易になりすが、村の真ん中に堂々と岩があると後々邪魔になります。

なので、その場合はリセットを推奨します。すごく地味な要素ですが、これに時間をかけることで後悔をせずに済んだりします。

マイデザインを貼って引越してくる住民への対策を

最近のとび森では、マイデザインを貼った土地には住民が家を建てないように仕様が変更されました。

公共事業の設置や、道の舗装などを予定している場所には、必ずマイデザインを貼っておきましょう。

そうしなければ、邪魔な位置に家を建てられて景観を壊されてしまいます。

番外編

ここからは番外編です。地形と同様に厳選が出来ますが、必須ではない要素です。




特産のフルーツ

村には、必ず特産のフルーツが存在します。

リンゴやサクランボなど、初めから村の木に実っているフルーツを言い、これも厳選で変えられます。

好きなフルーツがある方は、厳選してみてください。

役場の色

役場には、緑や赤などのカラーがあります。

色は村ごとに異なり、厳選によって色を調整することが出来ます。

住民の厳選

最初に訪れた村にいる住民を厳選することも出来ます。

例えば、投稿者は「バニラ」と「2号」が好きなので、どちらかが既に住んでいる村が出るまで、ひたすらリセットを繰り返しました(笑)

なお、お金はかかりますがamiiboというカードを使えば、確実に特定の住民に引っ越してきてもらうことが可能です。

斜め滝

その名の通り、斜めの方向を向いて流れている滝のことを指します。

正面を向いている滝と見比べてみると、随分と見栄えが良いです。

西方向と東方向の2種類があるらしいので、滝に拘る方は狙ってみてもいいかもしれません。

最後に

以上が、地形や厳選可能な要素についてでした。

ゲームをするのであれば、少しでも有利に進めたいものです。


手間はかかりますが、出来るだけ頑張って理想の村を選び、楽しくゲームをプレイしましょう。