ゲーム解説ブログ

ゲーム解説ブログ

気になったゲームや、その他のことについて書いていきます。

【スマブラSP】リザードンの特徴を教えるよ!

f:id:dryicecream:20190306103020j:plain


このブログでは、リザードンのコンボや強みや弱み、ちょっとしたテクニックなどを解説します。

リザードンのコンボ

下投げ→空前


上強→上スマ


後ろ投げ→空前


後ろ投げ→上強


後ろ投げ→上強→上スマ


後ろ投げ→反転空後


後ろ投げから入るコンボが多いことが特徴的です。特に、反転空後を使ったコンボは有効な撃墜手段と言えます。



強い点

横B

f:id:dryicecream:20190306114857j:plain


何と言っても、リザードンの横Bの威力と撃墜力は目を見張るものがあります。

ハイリスクかつハイリターンな技ですが、一発逆転可能なロマン溢れる技でもあります。


NB

リザードンのNBは、威力や発生に優れた唯一の遠距離攻撃です。

移動スティックで攻撃方向を変えられます。ガケ際にいる相手に使ったり、牽制としても使い勝手が良いです。

威力も申し分ありませんが、連続で使うと威力や範囲が落ちてくるという点には、気をつける必要があります。



amiibo リザードン (大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

弱い点

後スキの大きさや、体の大きさと重さのせいでコンボへの体勢が薄いことなど、リザードンの弱い点は様々あります。

ですが、中でも「空N」と「弱A」の大幅な弱体化が手痛い要素と言えます。


1 弱Aのリーチが短くなった。

弱Aのモーション変更に伴い、リーチまでもが短くなりました。

攻撃がヒットしたように見えても、判定的に当たっていないためにダメージを与えられず、そのまま相手からの攻撃を許してしまうことがあります。

判定の広さと発生の早さが強みだった弱Aですが、今作においては使いどころが非常に難しい技となってしまいました。

確実に当てるには、相手に密着するつもりで技を振る必要がありそうです。



2 空Nによる下方向への判定が薄くなった

ロボットの空Nのように360度当たり判定があり、発生や威力もそこそこに優れていた空Nですが、リザードンから見て下方向の相手には当たりにくくなりました。

着地スキを誤魔化したり、相手への牽制に使えた空Nですが、当たり判定がシビアになったことで使い勝手が悪くなってしまいました。

発生の早さは健在ではあるものの、真下を潜り抜けられて避けられるリスクが増大したので、安易には使えません。

ただし、上方向への判定の強さは今も健在です。復帰阻止や対空としては、今まで通り安心して使うことが出来ます、

ちょっとしたテクニック


リザードンからスタート

試合前に、ポケモントレーナーの横のポケモン(ゼニガメ)にカーソルを合わせて、Aボタンを2回押すと、トレーナー横のポケモンがリザードンに変化します。

すると、試合開始からリザードンで戦うことが出来ます。なお、今作は疲労メーターが存在しないため、問題なく続けて同じポケモンを使用出来ます。


無敵時間をリザードンに纏わせる

ポケモントレーナーのポケモンがミスをすると、強制的に次のポケモンにチェンジされます(リザードンがミスをするとゼニガメに交代される)

ミス直後だと、即座に下Bでポケモンをチェンジ出来ます。

ゼニガメもしくはフシギソウであれば、ミス後に発生する無敵時間を十分に活用して戦えます。

しかし、この場合だとリザードンに交代したとしても、ミス直後に発生する無敵時間は終わってしまいます。

ポケモンを交代した直後は、ポケモントレーナーというファイターの使用上、すぐに別のポケモンへとチェンジすることが出来ないからです。

無敵時間がないというのは、立ち回り的に極めて苦しいです。

しかし、ミス後のリザードンにも無敵を纏わせる方法が存在します。


ゼニガメからフシギソウにチェンジ→フシギソウの横B(はっぱカッター)→下Bでリザードンに交代


こうすることで、スムーズにリザードンへ交代出来るだけでなく、リザードン自身に無敵時間を1Fだけ纏わせることが出来ます。

この無敵時間を利用して、相手のコンボに割り込んでこちらの攻撃を当てられます。

リザードンだけを使って勝ちたいという人には、是非とも覚えておいてもらいたいテクニックです。



最後に

リザードンは、ゼニガメやフシギソウと比べてあまり強くはありません。

リザードンにのみ露骨な弱体化も加わったせいで使いにくくなったと言えます。

ですが、横Bの強さや投げコンボは今も存在します。それらを上手く活用することで、リザードンの勝率向上が見込めるはずです。

amiibo リザードン (大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

では、今回はこの辺で。このブログが何かの参考になれば幸いです。