ゲーム解説ブログ

ゲームを愛する人のブログ

気になったゲームや、その他のことについて書いていきます。

【スマブラSP】 ルフレの魔導書の活用方法を教えるよ!

このブログでは、ルフレの遠距離攻撃の要である魔導書について書いていきます。

魔導書は全部で4種類ある。

NBで使うことの出来る電気魔法専用の黄色い魔導書。横Bで繰り出せる火炎魔法専用の赤い魔導書。復帰技の緑の魔導書。下Bの紫の魔導書の4種類があります。

いずれにしても、使用時に必ず魔法に応じた魔導書を消費します。回数や魔法の威力によって消費量は変化し、使い切ってしまうと、新たな魔導書が手元にくるまでの間は特定の魔法が使えなくなります。

ファイターのシンボルマークの頭上にメーターがありますので、それも参考にしてみてください。

なお、使い終わった魔導書は相手に向かって投げつけることが出来ます。弾き入力込みで投げると12%もダメージを稼げるので、新しい魔導書が生成されるまでの時間稼ぎに活用出来ます。

ここからは各魔導書の性能について書いていきます

黄色の魔導書

黄色の魔導書から繰り出される電気魔法は、4段階までチャージすることが出来る。チャージ量によって威力や技の性能が変化し、魔導書の消費量も大幅に異なる。

1段目→6%のダメージ。発生が早く魔導書の消費量も少ないが、魔法のリーチの他ダメージ判定とダメージ量が心もとない。相手への牽制に使える。

2段目→13%のダメージ。発生もそこそこ早く魔導書の消費量も比較的少ない。

3段目→28%のダメージ。発生はやや遅く魔導書の消費量も多い。その分威力やリーチは高め。連続でヒットし相手の動きを止めるため、そこから空中攻撃や投げ技等のコンボに繋がる。

4段目→21%のダメージ。発生はかなり遅く魔導書の消費量も一番多い。威力は3段目に劣るもののリーチはかなり長い。終点の端から端まで届く。相手を大きく吹っ飛ばすため、バースト手段として有効。



赤の魔導書

最大18%のダメージ。1冊の魔導書で6回まで使用出来る。前方に炎を放つ。ネスのPKファイア同様に連続でヒットするので、一度当たれば抜け出すことが非常に困難。

技の後スキが大きくチャージも出来ないが、復帰阻止からコンボなどに幅広く使うことの出来る汎用性の高い技。

横B→下投げ→空中攻撃

横B→横B→空中攻撃

といったようなコンボに繋がる。炎にヒットした相手が吹っ飛ぶタイミングで空前や再び横Bを置いておくと、手軽にダメージを稼げる。

緑の魔導書

最大14%のダメージ。1冊の魔導書で5回まで使える。足元に向かって風の刃を2回放ち大きく上昇する。上B入力後に、移動スティックで刃を飛ばす方向を変えることも可能。

ダメージ判定はあるが、使用回数に制限があるため復帰以外に使わない方が良い。

紫の魔導書

最大19%のダメージ。1冊の魔導書で3回まで使える。相手を掴んでダメージを与えつつ、こちらの体力を回復するという特殊な技。最大で15%回復する。

使い勝手は良いが、他の魔法と比べて使用可能な回数が低い。レバガチャの速度次第で早めに逃げられてしまうというデメリットも存在する。

最後に

以上がルフレの魔導書の性能についてです。ルフレにとって、各種優秀な魔法攻撃はあらゆる弱点を補うための大きな強みと言えます。

では、今回はこの辺で。このブログが何かの参考になれば幸いです。