ゲーム解説ブログ

ゲームを愛する人のブログ

気になったゲームや、その他のことについて書いていきます。

【ゲームレビュー】怪異症候群3を遊んだ後の感想を書くよ!

f:id:dryicecream:20190514162503j:plain

このブログでは、怪異症候群3を遊んだ後の感想を書いていきます。比較的ネガティヴな内容ですので、読む際はご注意ください。



怪異症候群3について

これから遊ぶかもしれないアナタのために、わざと漠然と書かせていただきます。ご了承ください。

怪異症候群3は、前作の怪異症候群1、2の続編となる作品です。このシリーズでは、お馴染みであるキャラクター達が、怪異と呼ばれる得体の知れないモノに立ち向かって、自分達の手で苦難を乗り越えるというテイストが一貫しています。

この作品のホラー要素と舞台のモチーフは、匿名掲示板などに書き込まれた有名な都市伝説や、古くから伝わる伝承を元にしています。しかし、伝わっている怪談とは内容が違っていたりする点がチラホラと見受けられます。

特に、この作品の最初の怪異は、表向きが同じというだけで、元となる話とは大幅に内容が違っています。個人的にこれには驚きました。

なお、アクション自体はそこまで難しくありません。普段からアクションゲームをしない方であっても、苦労せずに遊べると思います。

その代わり、先に進む勇気とイベントを進めるための知恵とヒラメキは必須です。

例えば、自らの足で暗所に入ったり、太い縄に対して包丁を使ったりと、度胸と発想の転換は最後まで必要なゲームです。後は、フィールドや建物内を隅まで調べる根気の強さも必要かもしれません。特定のアイテムを拾わなければ先に進めません。

また、青鬼よろしくホラーな何かに追いかけられたりします。相手の足は早くないので逃げることはそこまで難しくないとはいえ、突然現れるということもあって結構ビックリします。アイテム取得時に突然現れたりもします。

なお、主人公にはHPがあるらしいです(表記されていないが)敵に一定回数触れても、すぐにゲームオーバーにはならないので、間違って当たってしまっても安心です。

つまり、この作品はビックリ系のホラーゲームということです。ですが、それよりも人間ドラマがメインであるように感じました。

恐怖と戦うことよりも、人と人とのやり取りにふんだんに盛り込んだ作品でした。なので、登場するキャラクター達を好きになるか、感情移入をしなければ楽しむことは難しいと思います。




好感を持った点について

行き詰まった時はヒントが表示されるというプレイヤーへの配慮があり、セーブした方がいいポイントを教えてくれるという親切な点も好感が持てました。

恐怖に直面した時の、激しい心臓の音などのリアリティ溢れる効果音も、プレイにおける没入感を助ける要素になっていたと思います。

また、ラインやTwitterなどのアプリが登場します。今の時代に合っていて、プレイヤーに対する配慮を感じました。

序盤は1人だけしか操作出来ませんが、話を進めるにつれて様々な人物を操作することになるので、キャラクターを操作する点においては飽きがきませんでした。それに、ホラーには珍しくスッキリとした終わり方だったので後味も悪くありませんでした。

操作可能なキャラクターは、学生やジャーナリストなど多岐に渡ります。キャラクターは立っていたので見ていて楽しかったです。美琴と由佳がかわいかったです(小並感)

不満に思った点について

不満に思った点としてアクション要素があります。怪異と直接対決するという要素は、個人的には不要に感じました。

1と2にもそういった要素があったと思いますし、怪異症候群の特色でもあります。ですが、こうもガッツリと戦ってしまうと全く別の作品を遊んでいる気分になります。

それだけならまだしも、【GO!】の文字と同時にバトルが始まるなんて、今まで積み上げてきたホラーな雰囲気を壊してしまっているように感じました。

恋愛要素...

また、恋愛要素もいらないと個人的に思いました。主人公とキャラクターとのベッタベタなやり取りを見ていると、ホラーゲームをしている感覚が薄れてしまいます。

ただでさえ、人間ドラマに焦点を当てたホラーゲームにも関わらず、これでは何のジャンルを遊んでいるのか分からなくなります。アクションゲーム、ホラーゲーム、恋愛ゲームを中途半端に混ぜた印象を受けました。

また、テンポもあまり良くありません。行ったり来たりを繰り返しているうちに疲れてきて、いちいちやることが回りくどく感じました。次のイベントに移行するためのフラグの回収も分かりにくいです。

ホラーを楽しむと言うよりは、怪異に対して健気にも立ち向かう人達の姿と、好きな人同士でイチャイチャしてるのを観察するようなそんなゲームでした。

前作プレイ済前提のゲーム

また、初見さんお断りと言わんばかりの態勢は不快に感じました。

これまでの作品を踏襲してきた人でなければ、完璧には楽しめません。3から始めたとしたら、混乱するばかりだと思います。

多少あらすじが挿入されているとは言え、何も知らずに始めてしまえば分からないことだらけで嫌になると思います。

例えば、初めて見るキャラクターが、何の説明もなく登場して、他のキャラクター達と親しげに会話をします。初めて遊ぶプレイヤーを完全に置いてけぼりにする気満々です。




最後に

つまりこの作品は、前作を好んで遊び続けてくれたファンのために作られた、ホラーをベースとしたアクション要素ありの人間ドラマです。

ホラー単体で見ると弱くて、だからと言ってアクションや人間ドラマだけで見たとしてもそこまでもない...

様々なジャンルを中途半端に取り入れたような、そんな印象が最後まで拭い切れない作品でした。

ですが、好きな人には堪らない作品だと思います。

怪異症候群3は以下よりダウンロード出来ます。スマホでは遊べません。特定のRPGツクールをインストールしたパソコンをご用意してくださいね。完全無料ですので、気になる方はダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

https://www.freem.ne.jp/win/game/20161


人間ドラマなんてどうでもいい!ホラーメインの作品を遊びたいんだ!という方は、当然ながら別の作品をプレイすることをオススメします。

無料であるフリーホラーゲームでいえば、魔女の家やIB(イヴ)を個人的にオススメします。どちらも無料でありながら、ホラーメインのやりごたえ抜群の作品です。初見であっても、むしろ初見だからこそ十分に楽しめたりします。

魔女の家↓↓↓
https://www.freem.ne.jp/win/game/4149

Ib↓↓↓
https://kouri.kuchinawa.com/game_01.html

なお、魔女の家にはMVと呼ばれるリメイク版もあります。グラフィックが一新されて、新たな難易度と仕掛けが施されているモードが用意されています。

MVは有料にはなりますが、買ってみる価値はあります。興味のある方は以下のリンクからどうぞ。

https://majonoie.karou.jp/mv/