ゲーム解説ブログ

ゲーム解説ブログ

気になったゲームや、その他のことについて書いていきます。

【スマブラSP】ルキナに勝つための5つの対策!

f:id:dryicecream:20190407101814j:plain

このブログでは、勝てない!倒したい!という声をあげている方に向けた、スマブラSPにおけるルキナに勝つための5つの対策について書いていきます。

ルキナというファイターについて

ルキナは、マルスのダッシュファイターとして参戦しました。

基本的な性能はマルスと変わりませんが、剣のどの部分に当てても吹っ飛ばす力が変化しないことから、マルスよりも使いやすいです。

足の早さ、リーチに優れた技と機動力、技の性能共に使いやすく、初心者から上級者まで幅広く使用されているファイターです。

キャラランクは、最高レベルのSランクです。使用者が多く、技のみならずファイターの身体能力も極めて高いです。

そのため、オンライン対戦で勝ち続けるにはルキナの対策は必須です。

ルキナ対策について

以下より書いていきます。



技の出し終わりを見定めよう!

あまり知られていませんが、技を振った後のルキナには大きなスキが出来ます。

スマッシュ、空中技、強攻撃など、スキがないように見えますが、これらを避けられると相手に攻撃を許してしまいます。

ルキナの技の発生は早いです。しかし、その分避けられた時のリスクは極めて大きなものです。

攻撃が当たらない間合いを保ちつつ、ルキナが剣を振った後にすぐ様反撃出来るように立ち回りましょう\_(・ω・`)ココ大事

無闇にシールドを張るのは止めよう!

ルキナのNBは、シールドの破壊に優れた技です。

他の攻撃と比べれば発生は遅いものの、不意を突かれてNBをされるとシールドの解除が間に合わず、シールドが破壊されてしまいます。

なので、ルキナの攻撃は回避やステップを使って出来るだけ避けましょう\_(・ω・`)ココ大事

NBを誘うという意味で、シールドを張るという戦法もあります。

確かに、上手くいけばこちら側の攻撃を押し付けて%を稼ぐことが出来ます。

しかし、失敗したらそのまま撃墜されるという甚大なリスクが伴います。一か八かというかけに出るならまだしも、普段の立ち回りでは攻撃は避けた方が安全に戦えます。



復帰を阻止しよう!

ルキナの復帰手段は上B一択です。

上方向への復帰力はありますが、横方向の復帰力はほとんどありません。

なので、低%で撃墜を狙うのであれば横方向へひたすら押し出しましょう。

また、上Bに合わせてカウンターをすることも効果的です。ただし、上Bの発生は思いのほか早いため、予め読んでカウンターを置いておく必要があります。

メテオを狙うことも良い戦法です。ガノンドロフの空下などの技を、カウンターと同様のタイミングで使っておくと面白いように落下していきます。

ルキナは復帰が苦手です\_(・ω・`)ココ大事

復帰ルートがワンパターンなので、比較的復帰阻止が簡単です。

そこを咎めることで、こちら側が有利に立ち回れると言えます。

着地を狩ろう!

地上戦では強さを発揮するルキナですが、着地時に振れる有効な技があまりありません。

空中技は大振りなため、ステップで簡単に避けられます。余裕があれば、ジャストガードも狙っていきましょう。

避けたりジャストガードを決めた後は、上方向に投げるor吹っ飛ばして、再び読み合いに持ち込みましょう。

地上と比べれば、ルキナは空中における機動力は低めです\_(・ω・`)ココ大事

地上戦では勝ち目がないならば、上に投げて、比較的弱めな空中での戦いを強いて出来るだけ有利に戦いましょう。

間合いの管理を意識しよう!

ルキナには飛び道具がありません。どのような攻撃であっても、剣の当たる範囲内に距離を縮めなければ技を当てられません。

なので、剣の当たらない間合いを保ちながら戦うことを意識しましょう\_(・ω・`)ココ大事

飛び道具を持つファイターであれば、それを積極的に使いつつ距離を置き、飛び道具が無ければ、剣に触れないギリギリのラインを保ちながら戦うとベストです。

小ジャンプやステップなどを使って剣空振りを誘発しつつ、こちら側の攻撃を押し付けていきましょう。

まとめ

剣を振った後のスキを見逃さない

NBを警戒するという意味で、シールドは無闇に張らない

復帰阻止を狙う

着地が弱いのでそこも狩る

ルキナの剣の間合いを意識する



最後に

以上が、ルキナに勝つための5つの対策についてでした。

こういった弱点はあるものの、ルキナにはそれを補うだけの機動力があるため、決して侮れないファイターです。

ですが、勝算がゼロというわけではありません。これらを意識して戦えば、きっとアナタも勝てるはずです。