ジョーカー 対策

【スマブラSP】これで勝てる!?ジョーカーの対策9選!

このブログでは、勝てない!倒したい!という声をあげている方に向けた、ジョーカーを倒すための9の対策について紹介していきます。



横B対策

ジョーカーの横Bのエイハの対策として、避けるのではなくガードをすることをオススメします。

軌道が斜め上なので避けにくく、当たれば大きく吹っ飛ばされます。

さらには、ステージに落ちた後もダメージ判定が少しだけ持続します。

シールドにさえ触れればエイハ・エイガオンは消滅します。なるべくシールドで防ぐようにしてみてください。

また、こちらがガケに掴まっている時にエイガオンに対しては、その場上がり、ジャンプ上がり、攻撃上がりをすることを控えてください。

エイガオンの持続は長く、これらの上がり方をするとヒットしてしまうからです。

横Bの持続が完全に消えてから復帰すること。もしくは無敵判定のある技を使いつつ上がることがオススメです。

下Bへの対策

相手の攻撃を跳ね返す下Bには掴みが通ります。

飛び道具や通常攻撃を跳ね返してくるとは言え、掴み攻撃は無効化することは出来ません。

調子づいて下Bを乱発してくる相手には、掴み攻撃で対応しましょう。

空中で使ってくる場合には、基本的に手出しが出来ません。なので、ジョーカーが復帰へ体勢を変えるまで待って、それから攻撃をしましょう。

下Bの後スキは大きいため、簡単に掴みが通ります。

上に飛ばす展開を作る

ジョーカーの落下速度は早めです。

とてもカッコよくスタイリッシュにジャンプをする反面、何故か着地するまでの時間が短めです。

それに加え、空中における暴れ技も弱すぎます。暴れ技である空Nは、発生や後スキが大きい割には判定がかなり狭いです。

空中に打ち上げる展開を作り、ジョーカーにガンガン攻撃を仕掛けにいきましょう。案外簡単に攻撃が当たります。

なお、下Bで無意味にカッコつけながら落下してくることが多いですが、その場合はジョーカーがステージに着地した瞬間を狙って思い切り投げてしまいましょう。

余裕綽々といった表情を崩してやると堪らなく気分が良くなるのでお試しあれ。

自分の腰の高さより下方向への攻撃手段が少ない

ジョーカーの攻撃は、ほとんどがジョーカーの腰より上に判定があります。

下方向へ攻撃可能な手段と言えば、下強や横B程度です。それ以外の攻撃はどれも腰の高さに留まっていて、即ち背の低いファイターと戦うことが得意ではありません。

機動力の高いピカチュウ、ピチュー、メタナイト。エイハ、エイガオンを吸収出来るゲーム&ウォッチなど、戦う前から有利を取れるファイターを使用することにより、立ち回りが楽になります。

しゃがみ行動を多めに取りましょう。



撃墜手段について

ジョーカーのメインの撃墜手段は横スマッシュと空後です。

横スマッシュは、100%程度のダメージの溜まっているマリオを確実に撃墜出来るため、ジョーカーの数少ない撃墜手段となります。

撃墜ラインに達したら、横スマッシュを常に警戒してシールドを多めに張りましょう。こちらにダメージが溜まりしだい使ってくるので、100%に近いダメージが溜まっていたらとにかく横スマッシュを拒否しましょう。

また、空後にも気をつけてください。

発生の速さの割には吹っ飛ばす力が高く、この技もジョーカーの撃墜手段となります。

下投げから空語を入れられたり、復帰中に当てられたりと、かなり万能な技です。

ダメージ量はそれほどありませんが、発生が早く撃墜力が高めです。見てから回避したりガードすることはほぼ不可能です。

なので、ジャンプをしている時のジョーカーの背後に回らないことは必須です。特に、ダメージが溜まっている時は意識してください。

また、反転空後については読み合いに勝つしかありません。

反転空後がくることを事前に読んでガードや回避、後方ステップをしておくことが重要です。

見てから防ぐことは難しいです。気をつけてください。

なお、こちらの飛び道具やリーチに優れた技で、空後に繋がるジョーカーの行動を潰すことも対策となります。

復帰を狩る

通常のジョーカーの復帰はワイヤーだけが頼りです。

ステージのガケにワイヤーを投げてぶら下がるというものですが、これの阻止は案外簡単です。

ぶら下がった直後は一瞬だけ無防備になります。そこを叩くと良いでしょう。

もしくは、ワイヤーの届かない距離まで押し出してやることも効果的です。

横方向への復帰力はクラウド同様にほとんどありません。横に勢いよく吹っ飛ばしてやると、何も出来ずに落下していきます。

なお、アルセーヌを顕現させた状態だと復帰力が上がります。

ですが、復帰中は最初の無敵時間を除いて無防備です。簡単にメテオを当てられます。さらに、アルセーヌを出すためには、一定のダメージを受けなければならないというリスクを背負う必要があります。

ジョーカーは復帰に関しても弱いです。積極的に復帰阻止を狙っていきましょう。

投げに警戒する

気をつけるべき技として投げがあります。

投げバーストことないものの、ジョーカーの投げからは様々なコンボが入ります。

下投げから入る空中攻撃は強烈で、0%から40%以上のダメージを稼がれてしまいます。

そうでなくても、コンボでガケ外に運ばれてしまい、復帰力の低いファイターは、そのまま戻ってこれずにやられてしまうこともあります。

投げを警戒するという意味で、撃墜ラインに達していない最序盤は、シールドよりも回避を多めに使って投げを拒否しましょう。

ジョーカーは投げ始動のコンボが強いので、これを拒否することで立ち回りが楽になるでしょう。

上からは絶対に攻めない

ジョーカーの頭の上から攻めることは控えたほうが良いです。

ジョーカーの技は、上に当たり判定が強いものが多く、上から攻めるということはあらゆる攻撃を受ける機会が多くなってしまいます。

特に、ジョーカーの上強と空上は、真上への判定が強くて、威力もやや高めです。

さらには、それらの攻撃をくらった後は、少なくても同じ技を再び受けてしまい、最悪の場合であればコンボに繋げられてしまいます。

そういった攻撃を避けること前提で斜め上にジャンプをしてとしても、上Bのワイヤーでキャッチされて叩き落とされます。ワイヤーから繋がるコンボもあるため、1度受ければ大量にダメージを稼がれる危険があります。

ジョーカーは対空性能が高いです。地上もしくは下方向から攻めていきましょう。

アルセーヌ対策について

ジョーカーの特殊能力であるアルセーヌの召喚時には、ジョーカーの使う技は大幅に強化されます。威力、撃墜力共に上昇します。

飛び道具であるNBや横Bも強化され、召喚されていない時のジョーカーとは比較出来ない程に強くなってしまいます。

なので、逃げましょう。アルセーヌは、30秒が経過すると自動的に引っ込んでしまいます。それまでは、ジョーカーからの攻撃の拒否を続けてください。

アルセーヌが引っ込むまで逃げ回り、ジョーカー単体になったら、体制を切り替えて撃墜を積極的に狙いましょう。

まとめ

エイハもしくはエイガオンはガードする

下Bには掴みで対応する

攻撃判定のほとんどがジョーカーの腰より上方向にある。足元への攻撃手段に乏しい

落下速度が早く、空Nなどの暴れ技が弱めなのでコンボを当てやすい

復帰性能は低め。ワイヤーが届かない距離まで飛ばすことが効果的。横方向への復帰手段は、アルセーヌを使わない限りゼロに等しい

アルセーヌを使われたとしても、復帰中は最初の無敵時間以外は無防備。メテオを狙える

投げに注意する。

ジョーカーは対空性能が高い。上から攻めてはいけない

アルセーヌが召喚されたら、引っ込む30秒の間は逃げ回る

最後に

以上が、ジョーカーに勝つための9の対策についてでした。

このファイターには未知の部分がまだまだありそうなので、新たなことが判明次第ブログを更新していきます。

ABOUT ME
ありつむぎ
ありつむぎです。20代前半の者です。 ゲームを主軸として、あらゆるサブカルチャーについて書いていきます。