エンタメ

ネットで見られる有名な怪文書11選

どうも、ありつむぎです。

今回の記事では、怪文書と呼ばれる極めて不気味な文書を解説していきます。

全部で11点あります。怖い怪文書から笑える怪文書まで幅広く解説しますが、中には性的な内容も含まれていますので、お読みの際はご注意ください。

あああああああああ!

引用:アンサイクロペディア

 

ユニークな記事を楽しめるサイト「アンサイクロペディア」に、未明に掲載されたこのページには、「あ」という文字が大量に書かれています。

しかし、

文字の色や大きさが変更されている多種多様な「あ」

小さな「あ」の文字で形成されたQRコード風のアート

といった工夫をが見られ、このページの製作者は、読者を楽しませようと意識していることが分かります。

ちなみに、このページに埋め込まれたリンクをクリックすると、「あ教」という架空の宗教や、ドラゴンクエストの主人公の名前として度々採用される「ああああ」を解説するページなどに移動します。

これら以外に目立った要素はないのですが、同じ文字が並ぶ様子は非常に不気味であると話題になっています。

がゆぼぁぃんれえ

2007年に開設されたブログ「がゆぼぁぃんれえ」には、謎の文字が大量に書かれた記事が見られます。

 例を挙げると、2008年1月31日に投稿された「ぬわぃぴひざぜしう」というタイトルの記事には、「ぉぷPデぢけィヴガQ9キ」などの謎の言葉が書かれていて、同年の2月1日に投稿された「こてふぇあむまべ」には、「ぉVもハづさゴギづケ」といった暗号めいた文字が続きます。

その後も怪文書の投稿は続いたのですが、同年の10月28日を最後に更新が止まりました。

 また、多くのネットユーザーは、「記事は全て0時0分に投稿されていたこと」や、2008年9月26日に投稿された「ゆあまほょすむにん」の本文で見られる「赤い数字」などに注目して解読を試みたものの、現在も解読には至っていません。

オオノコウヘイ

2004年ごろにネットユーザーが発見した、投稿者不明のブログ「オオノコウヘイ」には、「オオノコウヘイ」という謎の男性の情報が書かれています。

それらの情報を読むと

「神奈川県のエリアの1つである白根(しらね)」に住んでいる」

「精神病に通院している」

「危険な薬を頻繁に使用して定期的に暴れている」

といったことが分かります。

また、ブログの文章が全体的に支離滅裂である点や、これらの内容が

「だっちゃ」

「じゃき?」

「だんべが」

などと語尾を変えつつ繰り返し書かれた点は、当時のユーザーたちに恐怖を覚えさせました。

このブログは、一時期は話題になっていて、当時のユーザーは

「本当にオオノコウヘイ本人が書いたのか?」

「悪意のあるイタズラではないか?」

などと推測しました。

しかし現在も、オオノコウヘイの実在の有無とブログが書かれた目的は謎に包まれています。

なお、このブログは削除されたのですが、ブログ内の文章は様々なサイトに転載されたため、気になる方は読んでみてください。以下に、それらの文章が読めるリンクを貼っております。

https://geolog.mydns.jp/www.geocities.co.jp/HeartLand-Kikyo/3654/

http://blog.livedoor.jp/newskatamari/archives/65576891.html

http://okoukio.blog39.fc2.com/blog-entry-371.html

アセロラへの愛憎(あいぞう)日記

引用:https://acerola.hatenablog.com/ 出典:Nintendo Co., Ltd.

 

「アセロラへの愛憎日記」は、どうぶつの森シリーズの赤い子熊のキャラクター「アセロラ」をテーマに2013年から書かれ始めた複数の記事の総称です。

そんな記事の中でも、「約束一つ守れない屑アセロラをどうぶつの森シリーズから叩き出せ」という記事は注目されました。

この記事には、「アセロラ」の言動や容姿に対する暴言や

  • 「腐ったゆで卵のような目を抉り取ってやりたい」
  • 「かみそりで頭皮を切り刻んでやりたい」

といった、アセロラに対する強い憎しみが書かれています。

そのためこの記事の読者は、「投稿者はアセロラに何の恨みがあるのだろうか」と純粋な疑問を浮かべました。

また、この記事の投稿者は、とびだせどうぶつの森の続編である「あつまれどうぶつの森」もプレイしています。

そして、このゲームにアセロラが登場することを知ると、アセロラの記事を新たに書いたため、読者は、その執着ぶりに恐怖で身を震わせました。

ビルダー拓也

※一部伏字を使用します。

ビルダー拓也は、ネットで有名なホモビデオ「アクシード」の男優「タクヤさん」が2007年頃から公開したブログです。

このブログには、ゲイ向けの風俗店で働くタクヤさんの視点で

  • 「客と体を舐め合う」
  • 「互いの肛門に交互に性器を〇〇して射×する」
  • 「客が所有していた危険な薬を吸わされて、意識がもうろうとした状態で犯され続ける」

といった過激な内容が書かれています。

また、客との性行為によって全身が精〇で汚れた状態で、衣服を着用し、街を歩いたりジムで筋肉トレーニングを始めたりする様子も書かれています。

そのため、多くの読者が吐き気を覚えたそうです。

しかし、タクヤさんのオリジナリティのある文章や、客に、肛門の締まりの良さと筋トレで鍛えた筋肉を称賛される描写を見ると、タクヤさんが性行為やブログの執筆を心から楽しんでいることが伝わってきます。

また、自身や客の肛門を

  • 「雄膣(おすちつ)」
  • 「アナ〇」
  • 「マン○」

などと、時と場合によって呼び方を変える点も注目されました。

しかし、彼を指名しプレイをした大勢の客は

「タクヤさんの肛門はスカスカと言えるほど締まりが悪く、性器を入れても気持ちよくなかった」

「セックスが下手すぎる」

「腹がぷよぷよでガッカリした。もう二度と使命しない」

といった批判をネットの掲示板に書き込みました。

そのため、ブログの大部分は、タクヤさんの妄想や嘘で成り立っていると考えられています。

ウルトラマン怪文書

※一部伏字を使用します。

ウルトラマン怪文書は、ホモビデオ男優「タクヤさん」が投稿したポエム「ウルトラマン拉致」の俗称です。

「ウルトラマン怪文書」には、何故か、仮面を被ってウルトラマンになりきったタクヤさんが何者かに誘拐され、

「腹筋にパンチをくらう」

「自身の肛門に男性器を〇〇される」

などの暴力を受ける様子が書かれています。

また、自身の肛門を、ウルトラマンにちなんで「ウルトラマン○」と呼んだ点や、接続詞の「は」を「ゎ」で代用した点も注目されました。

また、ポエムの後半には、アメリカの人気俳優「アーノルド・シュワルツェネッガー」が突然登場し、より奇妙な内容になっていくため、当時の読者は困惑したとのこと。

しかし、このポエムを読んだネットユーザーは、ポエム全体のリズムなどを評価しています。

2013年には、転載されたこのポエムを音声ソフトに音読させた動画がニコニコ動画に投稿され、再生回数は80万回を超えたものの、現在は削除されています。

以下がこの怪文書のコピペです。

ウルトラマンが拉致されて
腹筋ボコボコにパンチ食らって
胸のランプが点滅すると あと3分で力尽き果てる
その時のウルトラマンの苦しむ姿にドキドキするって
 ヒーロー凌辱だぜ!
仮面かぶった拓也ゎ前見えねぇし
息ゎ苦しいし
ウルトラマン最後の3分間ゎ30分以上にわたり
絶対負けるはずのないウルトラマンが倒れる
そんなのあり得ない!
力尽きたウルトラマンが犯される
マヂ苦しい
酸欠で死にそう
力が入らなくなったウルトラマンの股が大きく開かれて
ウルトラマンコにデカマラが容赦なく突き刺さる

脳天まで突き上げるファックに苦しみ喘ぐ息もマスクで塞がれて
最初ゎキュウキュウ締め付けていたウルトラマンコも
酸欠で意識が薄れてくると
 最後ゎあの痙攣がやってくる
ウルトラマンだって死ぬときゎ射精するんだよ
「あー!!イク!! 」 ウルトラマンコにビクビクと弾丸が撃ち込まれると同時に
ウルトラマンも意識がぶっ飛び射精
そのあとピクピクと痙攣したまま動かなくなった

ウルトラマンの夢枕に現れたのゎ あの、ターミネーター
 「日本のウルトラマンは弱いな!!オレを見ろ!!絶対死なないぞ」
(あっ…あっ シュワちゃんだ)
「シュワッチ…シュワッチ!!」
「おいおい、気安く呼ぶなよ!!一応同盟国だから来てやったんだぜ!尖閣守ってやらねーぞ!!」
シュワちゃんから強力なバワーをもらって帰ると ウルトラマンの星で家族会議が始まった
やっぱり シュワッチゎ変えた方がいいかな

引用:真夏の夜の淫夢Wiki

ジャムおじさん怪文書

©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

 

※一部伏字を使用します。

ジャムおじさん怪文書は、2012年にネットに投稿された複数の文書の総称です。

アンパンマンのキャラクター「ジャムおじさん」の語り口調で書かれています。

そんな文書は「はい、寝る前にジャムおじさんのお話聞こうね」というセリフから始まり、そこから

  • 「休みの日にバイキンマンと競輪場に行った」
  • 「風俗で11万円使って性欲を発散させた」

などのジャムおじさんが取った衝撃的な行動が綴られていきます。

さらに、ジャムおじさんは、ミニ四駆の品質を保つ油「グリス」でマニアックな自慰行為をした時の快感や、カレーパンマンに自身の性器を押し付け、その時のカレーパンマンの反応を楽しんだことも躍動感のある言葉で記しています。

加えて「可能な限り勃起を維持し続ける架空の競技「トライ!コカンがアストロン」、略してトライアスロンの練習を始めたこと」「鏡に映った自分の裸体に欲情したこと」も赤裸々に書いています。

なお、文書に登場するキャラクターのセリフも愉快で、例を挙げると、「ホラーマン」はジャムおじさんに「死ね」と言われた際に「もうホネだから死んでる。納骨し損ねた。笑える」とセンスのある返答をしています。

ちなみに、2019年にはこの文書を音声ソフトに朗読させた動画がニコニコ動画に投稿されました。

ポケモン虐待日誌

©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

 

ポケモン虐待日誌は、2012年にネットに投稿された全8話からなる物語です。

 その内容は、ポケモンのアニメでお馴染みの「サトシ」の「俺はポケモンを虐待することが好きだ」という恐ろしい独白から始まり、後にサトシは、オーキド博士から「ピカチュウ」を受け取ります。

 そして、サトシはピカチュウを自室の檻に閉じ込め、重油をかけたり自身の尿を飲ませたり、ヒ素入りのリンゴを食べさせたり・・・などの虐待を行い、それらにより死亡したピカチュウを谷底に落とした際は「心がすっきりした気分だった」と感想を述べました。

その後、サトシは他人から盗んだ「ゼニガメ」「ピチュー」「イワーク」や、自身のポケモンの「トランセル」や「コラッタ」の命をあえて残酷な方法で奪い、その曲がった性根を露わにしました。

また、サトシはある過程を経て悪の組織「ロケット団」に入団し、大勢の人間やポケモンの命を嬉々として奪い始めます。

なお、サトシは物語が終了するまでその報いを受けないため、読者はモヤモヤした気持ちを抱えることになります。

ちなみに、ポケモン虐待日誌の第5話と第7話には、作者が考案した悪趣味な歌の歌詞が掲載されています。

加えて最終話のラストシーンには、サトシが殺めてきたポケモンの名前が功績のように書かれており、ネットユーザーから作者の常軌を逸した思考が注目されました。

うるさいですね……

©Koi・芳文社

 

※一部伏字を使用します。

うるさいですね……は、2017年ごろに匿名掲示板5chで公開された物語です。

この物語には、アニメ「ご注文はうさぎですか?」に登場する喫茶店「ラビットハウス」に住み込みで就職した主人公の男性と、そのアニメのキャラ「香風智乃(かふうちの)」、通称「チノ」が登場します。

そして、男性は、男性の性処理の担当となったチノに「うるさいですね……」と軽く罵られながら性器をしごかれ射×をします。

それから、性処理を受けた後の男性は「チノの性器のしごきかたが雑であり、その時の顔が不愛想であったため、チノは自分のことが嫌いなのだろう」と考え落ち込みます。

 しかし、ある日の夜に男性は、自室で性処理の練習をするチノを目撃します。

そして「自分は嫌われていなかった」と確信してチノの部屋に勢いよく入り、「余計なことを考えてゴメンよ」と謝罪しました。

その後、あろうことか自慰行為を開始し、チノの手の平に向けて濃い精×を噴出しました。

それから男性は「濃い精×が出たのはチノの優しさが伝わったからだ」「性処理は好きな人にやってもらった方が気持ちいい」などと言い出し、これらの言葉を肯定的に受け止めたチノの前で朝が来るまで射×を続けました。

 ちなみに、この物語は

  • 性処理を「オ○○ンしこしこ」
  • 搾精を「お○○ちん搾り」

などのパワーワードで代用している点も見どころとなっています。

イサキおじさん

※一部伏字を使用します。

イサキおじさん、別名「イサキはとれたの?」は、2005年にある男性がネットで公開した自身の性行為の体験談です。

その体験談は、男性が10歳年上のオジサンと性行為をするためにオジサンの家に行く場面から始まります。

それから、男性はオジサンに漁師の衣装とねじり鉢巻きを渡され「これを着てほしい」と頼まれ、言われるがままそれらを着用して性行為を開始しました。

その後、しばらく性行為に興じていた男性でしたが、突然オジサンに「お、おにいちゃん…お、おかえりなさい…た、大漁だった?ねえ大漁だった??」と謎めいたことを聞かれました。

そんな発言に困惑していると、「…返事して欲しい」と言われたため、男性は彼の体を優しく触ったりなめたりしながら「大漁だったよ」「タイやヒラメが沢山捕れた」などと言いました。

そして、男性の発言に喜んだオジサンは、海水魚の1種である「イサキ」は捕れたのかと聞いてきたため、男性は「今年一番の大漁だ」と言いながらオジサンの性器をしごき、射×に導きました。

 また、この体験談は「このプレイは実話である」という男性の説明と、「オジサンは幼いころに漁師に対して淡い恋心を抱いていて、そんな気持ちを思い出すために謎プレイを頼んできたのだろう」という考察で締められています。

やったぜ。

引用:自由に記事を追加できるWiki

 

※内容が極めて過激なため、伏字を多用させていただきます。

やったぜ。は「変態糞土方」を名乗る50代の男性が投稿した過激な性行為の体験談で、ス〇○○プレイを好むホモが集うネットの掲示板に掲載されました。

そんな体験談は、60代のホームレスの男性、40代の肉体労働者の男性、体験談の投稿者の男性の3人が「岡山県の県北にある川の土手の下」なる場所に行き、購入しておいた酒を大量に飲む場面から始まります。

それから、3人は互いの性器をなめ合いながら地下足袋(じかたび)以外の衣服を脱ぎ、所持していたイチジク浣腸を入れ合うと、40代の男性は投稿者に、投稿者はホームレスの男性の顔に××をかけました。

また

「出した×を互いの体に塗り合う」

「×塗れの性器を××××」

といった非常に濃厚なプレイの様子や「ああ~~たまらねえぜ。」「もう気が狂う程気持ちええんじゃ。」といった投稿者の感想も書かれており、性行為を心から楽しむ姿が想像出来ます。

なお、この体験談が発見された当初はネット上で気味悪がられました。

しかし、後に多くのネットユーザーから、体験談の読みやすさや体験談で見られる

「×をドバーっと出して来た。」

「ち××を突うずるっ込んでやる」

といった印象的な言葉を評価し、いつしか投稿者は「岡山の文豪」と呼ばれるようになりました。

ちなみに、2013年には「やったぜ。」の朗読動画が投稿され、再生回数は200万回を突破し、現在はその朗読動画をベースに様々なネタ動画が作られています。

最後に

以上で解説を終了します。ここまで読んでいただきありがとうございました。

提供:キリン【考察系youtuber】

ABOUT ME
ありつむぎ
ありつむぎです。20代前半の者です。 ゲームを主軸として、あらゆるサブカルチャーについて書いていきます。