エンタメ

有名なバイトテロ6選とその後について

どうも、ありつむぎです。

今回の記事のテーマはバイトテロです。その後の出来事や彼らの末路についても解説していきます。

肖像権の関係上、画像は使用せずに解説します。予めご了承ください。

バイトテロとは?

※知っている方は読み飛ばしてください。

飲食店や売店に勤めるバイト店員が悪ふざけを行い、その時の様子を収めた動画がネット上で拡散され炎上を引き起こすという一連の流れを指す造語です。

そんなバイトテロの報告件数は数多く、その原因を作った多くの人間は自身の個人情報をネットユーザーに特定され「ネットの晒し者」となり人生を棒に振っています。

テラ豚丼事件

テラ豚丼事件は、2007年に吉野家で起き、その時の様子はニコニコ動画に投稿されました。

この動画では、1人のアルバイト店員の男が「テラ豚丼」なる謎の料理を作るために、どんぶりに盛った白米に煮込んだ豚肉を乗せまくる様子が確認出来ます。

しかし、同時に大量の豚肉を鍋の中に落としており、視聴者に不快感を与えました。

それから、テラ豚丼を作った男は

  1. 「用意したサラダの上にトウモロコシの缶詰を一缶乗せて、そのサラダを「テラ生野菜」と名付ける」
  2. 「自身の交通費を公開する」

といった奇行におよび、それらの動作に合わせて当時流行っていたアニメの音声を挿入して視聴者をしらけさせました。

その後、吉野家は男を解雇した上で謝罪文を掲載し、ネットユーザーは「男が肉を乗せる際に特殊なテクニックを使っていたこと」をヒントに特定に乗り出しましたが、結果として特定には至りませんでした。

ちなみに、この事件は今後の日本で起こるバイトテロの先駆けだと言われていて、現在もネット上で語り草になっています。

なかなかやばい事件

 なかなかやばい事件は、2019年に外食チェーン店「大戸屋」で起きた事件です。

その様子を収めた動画では、アルバイト店員の男が下半身を露出し配膳用のトレイに股間を当ててふざける姿や、商品のプリンを口に含む様子が確認出来ます。

また、この動画の「なかなかやばい」「汚っすぎる」といった謎のテロップや、そんな男を見ている数名の若者の笑い声も視聴者に怒りを覚えさせます。

その後、大戸屋は、バイトテロで使われたトレイを新品に取り換え、信頼を取り戻すために全国の大戸屋の営業を1日休業し、今後は従業員の教育や研修に力を入れると宣言しました。

なお、この休業による損失はおよそ1億円にのぼると言われていて、本来ならば男と周囲にいた若者達に全額請求するべきですが、大戸屋は「彼らは未成年である」という理由から、弁護士の相談料のみを支払わせて和解しました。

ちなみに、男は大戸屋を解雇されましたが、現在は別の飲食店でバイトをしているというウワサがあります。

それを知ったネットユーザーは「雇う方も雇う方だわ」「こりてないの?」などと怒りを露わにしました。

食品こすりつけ事件

食品こすりつけ事件は、2018年にカラオケ店「ビッグエコー」の厨房で起きました。

その時の様子を収めた動画には、アルバイト店員の男が客に提供する唐揚げを握りしめて床にこすりつけ、厨房内のフライヤーに投入するという極めて不衛生な行動を取る姿が映っています。

そして、この事態に対して運営は、自社のホームページに謝罪文を掲載して警察に被害届を提出し、ネットユーザーは男を断罪すべく特定に乗り出しました。

しかし、この動画には特定するために必要な情報がほとんど入っておらず、現在もこの男の特定は出来ていません。

ちなみに、この事件を後に知ったネットユーザーは「殺人と同じくらい罪深い」「外食が嫌になる」などとコメントしています。

コンビニおでん事件

 コンビニおでん事件は、2019年にセブンイレブンで起きた事件です。

その時の様子を映した動画では、1人のアルバイト店員の男がおでんの鍋から白滝を取り出し「この白滝、かーわいいー」と言い、白滝を口いっぱいに頬張りすぐさま吐き出す様子が確認出来ます。

それから、男は半笑いを浮かべながら謎の歌とダンスを披露していて、その姿から「どんなことをしてでも目立ちたい」という邪な感情が伝わってきます。

また、動画には「コンビニ終わった」というテロップが表示されていますが、このテロップから「コンビニは潰れるが自分は一切咎められない」という男の浅はかな思考が読み取れます。

その後、セブンイレブンは謝罪文を公表し、「おでんは全て廃棄処分した」「男は解雇した」「法的措置を取る予定である」などの説明をしました。

ちなみに、この男はどういう訳か自身のTwitterのIDを動画内に掲載していたため、ネットユーザーによって瞬く間に個人情報を特定され、現在はネットの有名人の1人として認知されています。

くびかくご事件

くびかくご事件は、2019年にすき家で起きた事件です。

その瞬間を収めた動画には、数名の男のアルバイト店員が

  1. 「飲料水用の氷を床に投げる」
  2. 「料理の盛り付け用のおたまを股間に当てる」

といったおふざけをする姿が収められていました。

また、動画には「くびかくご」というテロップが表示され、動画内の男の1人も「絶対くびに・・・」と言っていました。

しかし、この動画がネットで話題になると「損害賠償取られるぞ」「くびでは済まない」「ここまでやっておいてくびしか覚悟してないのか」といった声が上がりました。

その後、すき家は「問題の店員は既に解雇している」と説明したものの、それ以上の措置は取っていません。

そのためネットユーザーは「こいつらが別の飲食店に雇用されたら同じことを繰り返すんじゃないか?」と不安を見せています。

ちなみに、このバイトテロを知った弁護士の「山岸純」氏は、「彼らの行動は軽犯罪に該当する」「今後のバイトテロを防ぐために見せしめで罰するべきだ」などと持論を展開しています。

生魚投棄事件

生魚投棄事件は、2019年にくら寿司で起きた事件です。

その時の様子を映した動画には、厨房に立つアルバイト店員の男がまな板の上の魚の切り身を近くのゴミ箱に投げ捨て、すぐにその魚を拾いまな板の上に乗せるという奇行が収められていました。

また、この動画には

  1. きちがいじゃないって。というテロップが表示されている」
  2. 「撮影者の甲高い笑い声が入っている」

などの不快になる要素が多く見られ、それらを見たネットユーザーは彼らを大いに批判し、くら寿司に1000件を超える抗議の電話をかけたそうです。

その後、くら寿司は謝罪の言葉と共に「問題の店員を解雇し彼らを書類送検した」と説明しました。

多くのネットユーザーはくら寿司の行動を賞賛し、「彼らが裁判にかけられたら多額の賠償金の支払いを命じられるだろう」と予想しています。

ちなみに、この動画が広く知られるようになったきっかけは、動画の撮影者の友人が撮影者と仲たがいし、撮影者を不幸にするために、自身のスマホに保存したこの動画をネット上に公開したことだそうです。

最後に

内容は以上となります。

こうしたバイトテロを起こした彼らは、今は何をしているのでしょうね。個人的に気になりますし、機会があれば直接話を聞いてみたいです。

では、ここまで読んでいただきありがとうございました。

提供:キリン【考察系youtuber】

ABOUT ME
ありつむぎ
ありつむぎです。20代前半の者です。 ゲームを主軸として、あらゆるサブカルチャーについて書いていきます。